7月22日から始まるGoToトラベル

7月14日東京都で新たに143人の感染が確認され、3桁の感染が続く中、4連休前日の7月22日から始まろうとしているのがGoToトラベル国内旅行を対象に、代金の半分相当を支援するキャンペーン。

7月14日に赤羽国交相は、首都圏の感染者増加を懸念する声を踏まえ、旅行・宿泊業者に対して、十分な新型コロナウイルス感染防止対策を事業への参加条件にする考えを示した。宿泊施設の受付に仕切り板を設けることや、宿泊者全員への検温などが義務づけられ対策が不十分な施設はキャンペーンの対象から外れると説明した。

しかし詳細を発表するのはキャンペーン開始わずか5日前の7月17日とあって、新たな混乱も予想される。

キャンペーンに様々な声

開始の時期を8月から7月23日から始まる連休前に前倒ししたGoToキャンペーンには、各自治体のトップからさまざまな声が上がっている。

福島県・内堀雅雄知事:
大丈夫なのかというご不安ご懸念もあろうかと思います。

宮城県の村井知事は…

宮城県・村井嘉浩知事:
当然患者がなくなったわけではありませんので、人の往来によって患者が増える可能性は十分あるだろうと思います。

また青森県むつ市の宮下宗一郎市長は、感染者に対応できるベッドが4床しかない現状をあげ批判した。

青森県むつ市・宮下宗一郎市長:
人が動かなければ、ウイルスは動かない。これが拡大すれば、今までは天災だと言っていたが人災になる。

地方の不安を強くかき立てているのが、いわゆる東京由来が疑われる感染者。山形県では東京から運転免許の合宿に来ていた20代の男子大学生の感染が明らかになった。

7月14日、こうした事態に山形県の吉村美栄子知事は…

山形県・吉村美栄子知事:
最近の首都圏の感染状況やこの度の豪雨災害の状況などを踏まえますと、この時期に全国一斉にスタートするのは、いかがなものかなと思っておりまして。

旅行会社も対応に追われる

こうした声の一方、ツアーを主催する旅行会社は対応に追われている。

旅行会社の担当者:
今まで出ていたガイドラインの順守状況を確認するところですね。再度もう一回ここで確認したいと思いますので。

パンフレットの日付を訂正するなどの準備作業を行っている。

三密を回避するため人との接触の少ない露天風呂付きの部屋や、部屋食対応のツアーを設定した。

びゅうトラベルサービス営業戦略課グループ・井手佑美子リーダー:
様々な地域の皆様とやり取りさせていただく中で、やはり「お客様に来ていただきたい」という声はたくさんいただいております。

旅行客を受け入れる自治体サイドは、地元の売りを動画でPR。秋田県大館市は秋田犬を前面に押し出し、夏の旅行客を呼び込もうとしている。

地方のリアルな声を取材

都内などから多くの旅行客が訪れる観光地栃木県日光市にある、きぬの宿志季大瀞。自然豊かな空間で旅の疲れを癒す露天風呂、またA5ランクの和牛ステーキや地元の食材を使った旬のコース料理など盛りだくさん。

こちらに4連休の予約状況を聞くと…

志摩大瀞若女将・塚原佳子さん:
やはり東京の方は多いですね。電車で来られている方も結構いらっしゃいますし。

連休中は予約で満室。多くが東京からの旅行者だという。

志摩大瀞若女将・塚原佳子さん:
最初はちょっと喜んでいたんですけれども、複雑は複雑ですよね。たくさん来てほしいところと、あまり混んでしまったらちょっとどうしようというところはあります。

期待と不安の中で始まるGoToトラベル。事態はどの方向へと向かうのか。

(「Live News it!」7月14日放送)