鳴り止まぬ拍手…仕事のオファーも殺到

12月22日に行われた漫才頂上決戦「M-1グランプリ 2019」を制したミルクボーイ駒場孝さん(33)と内海崇さん(34)が、優勝から一夜明けた23日夜、大阪・難波千日前の劇場で漫才を披露。ホームタウンへ凱旋を果たした。

鳴りやまない拍手の嵐にミルクボーイの2人は…

内海崇:
いつもそんなんちゃいますやん!

会場:
(笑)

内海崇:
ありがとうございます

駒場孝:
うちのオカンがね、好きな飲み物があるらしいんやけど、その名前ちょっと忘れたらしくてね…もう飲み終わってんのに「まだある」と思うぐらいビンが重いらしい

内海崇:
デカビタやないかい!まだあると思って何回だまされたことか、あれ

一夜にして、ミルクボーイならぬシンデレラボーイとなった2人は、M-1優勝後に東京・名古屋・大阪で、めざましテレビを含む7本の番組に出演。

仕事の予定は、優勝前は週に3日程度だったのがオファーが50本以上殺到し、2020年3月までほぼ埋まったという。

優勝の興奮冷めやらず「目バキバキで1分も寝てない」

ステージ上で芸人仲間から祝福されると…

芸人仲間:
優勝した実感は今、沸々と湧き上がってきた感じですか?

内海崇:
あの後(優勝直後)から寝られないって言うじゃないですか。ほんまに寝てないですよ

芸人仲間:
えぇ~!?

内海崇:
1分も寝てないです、ほんまにもう目バキバキで

芸人仲間:
ですよね、今ちょっと目飛び出そうですもん(笑)

内海崇:
肌つやいいのは、テレビとかでドーラン(メイク)6回くらい上塗りしてますので

内海崇:
めざましテレビとか、軽部さんとかおって横に…もう訳分からへんやん。夢や

と、まだ実感が沸かない様子のミルクボーイだった。

軽部真一アナウンサー:
めざましテレビや私のことに触れてくださってうれしいですね。この凱旋漫才は、立ち見が出るほどの大盛況だったそうです。披露したのは、お母さんが思い出せないシリーズの「デカビタ」バージョン。
ちなみに、M-1で披露した「コーンフレーク」では、まさに“グレイトォォォォ”な現象が!SNS上で「コーンフレークが売り切れている」という報告が相次いだほか、2人の漫才にも出てきた「腕を組む虎」のマスコットでお馴染みのケロッグ社が、コーンフレーク1年分を2人にプレゼントすることをツイッターで表明しました

永島優美アナウンサー:
すごいですね!早くもミルクボーイ旋風が巻き起こっていますね。軽部さんも昨日、番組の反省会後にコーンフレークを食べていましたよね(笑)

軽部真一アナウンサー:
うれしいことにコーンフレークが出てきまして。何しろ私、コーンフレークが大好きで、初めて食べた時のことも覚えてる。幼稚園時代、歯医者さんの平井くんの家に行って、出てきたおやつがコーンフレーク!これがもう最高。こんなにおいしいものがあるのかって。以来、半世紀に渡って食べ続けて、昨日のコーンフレークですよ

永島優美アナウンサー:
ははは(笑)いや、すごい熱量ですね。ビックリした

軽部真一アナウンサー:

だから、ミルクボーイさん本当にありがとうという感じなんです。一夜にしてシンデレラミルクボーイとなった2人、行きの新幹線は普通車だったそうですが、帰りはグリーン車になったとか

(「めざましテレビ」12月24日放送分より)

【関連記事】M-1効果で“コーンフレーク”が大ブーム!? 売り切れ続出で業界も「大変なことに…」