韓国の統一省は、北朝鮮と共同で運用していた開城工業団地内にある南北連絡事務所を北朝鮮が爆破したと発表しました。

韓国統一省によりますときょう午後2時49分、北朝鮮の開城工業団地にある南北連絡事務所を
北朝鮮が爆破したと言うことです。
韓国メディアは韓国軍当局が大きな爆発音と煙を確認したと報じています。

南北共同連絡事務所は、北朝鮮南部の開城工業団地内に2018年9月に開設されました。
事務所には当初、韓国と北朝鮮の当局者が24時間体勢で常駐し南北間の交渉や実務協議、民間交流の支援などを担っていましたが、北朝鮮側が一方的に閉鎖していました。

金正恩委員長の妹、金与正氏
この記事の画像(2枚)

南北連絡事務所を巡っては、北朝鮮の金正恩委員長の妹、与正氏が今月13日、韓国の脱北者団体が金正恩委員長を批判するビラを蒔いたことへの報復措置として、「遠からず共同連絡事務所が跡形もなく崩れる光景を目にするだろう」と破壊を予告する談話を発表していました。
韓国の文在寅大統領はきのう、「対話の窓を閉じないことを要請します」と北朝鮮に呼びかけていましたが北朝鮮による韓国への攻勢がエスカレートしています。