普段利用している駅の広告を真剣に見たことがあるだろうか。出社で急いでいたりと、あまり気にしていないことだろう。

そのような中で今、ついまじまじと見たくなる、強烈なキャッチコピーが目を引くある広告が話題になっている。

それがこちらだ。
 

提供:京都水族館
この記事の画像(7枚)

変態予告
今夏リニューアルオープン予定。
京都水族館、次の形態へ。

これは「京都水族館」(京都市)が作成したリニューアルオープンを告知する広告。

何といってもインパクトがあるのが右側に大きく描かれた「変態予告」の文字。だが、よく見ると、オオサンショウウオやペンギン、いろいろな魚などのイラストで構成されている。

近づくと、もっと好きになる。”という水族館のコンセプト通り、たしかに近づいて見たくなる広告だ。

とても魅力的ではあるが、このような広告を作った理由は? そして、いまだ緊急事態宣言が続く京都にある水族館が、なぜこのタイミングでアピールするのだろうか? 京都水族館の担当者に話を聞いた。
 

細かい描写は飼育員が監修

ーーこのポスターを作った理由を教えて

当初4月下旬のリニューアルオープン予定としておりましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、2月29日から一時休館しました。新展示の公開も延期いたしましたが、状況が収束することへの期待を込めて、広告を掲出させていただきました。


ーーイラストはどうやって作った?

京都水族館にいる“いきもの”をイラストに描き起こしていただき、 飼育スタッフが描いているいきものの形や詳細について、確認をさせていただき細部の表現までこだわって作成しました。


ーーイラストは誰が描いたの?

イラストは、デザイナー/イラストレーターの石井正信さんに作成いただきました。


文字を、近くて見るとまた味わいがある。一つ一つのいきものがとても細かく描かれている。クラゲの触手や魚の鱗までも細かく表現されているのが分かる。

提供:京都水族来館

京都水族館が、いきもののように次の形態へ“変態”していく

ーーなぜ「変態予告」という言葉を選んだ?

今後の京都水族館が、まるでいきもののように次の形態へと変わっていく(変態していく)という思いを、端的かつ強い言葉で「予告」しました。その言葉を京都水族館で暮らすいきものを組み合わせた精緻なイラスト表現とすることで、館の思いや魅力の伝達につながると考えました。


ーーこだわった部分はどこ?

イラストは飼育スタッフが描いているいきものの形や詳細について、確認をさせていただき細部の表現までこだわっています。

イラストレーターの石井氏からは、「京都水族館に足を運び1日かけていきものを観察・撮影した上で、水族館を訪れるお客さんと「同じ目線」をインプットし、その目線でいきものの姿を描くことを大切にしました。

「変態予告」というコピーの形に合わせたいきものの配置は悩み抜きました。その中で特に「態」はうまくいった感触があります。」とコメントをいただいています。

提供:京都水族館

ーーネットでの反響をどう思う?

話題になっていることに対しては素直に嬉しい思いです。本広告を通じて、変化する時代や環境の中で京都水族館がこれから新しい形態へ変化していく姿勢をお伝えし、今後の京都水族館に期待や興味を持っていただきたいです。

ネット上で「とても斬新」「惹きつけられる」などの反響をいただいております。
 

提供:京都水族館
提供:京都水族館

ーー広告はどこで見ることができる?

掲出期間:5月11日(月)~5月24日(日)
掲出場所:
(1)京都市営バス停 シティスケープ
(2)大阪 地下鉄梅田駅 東広場 ビックコラム
(3)イオンモールスケープ
(4)JR京都駅 地下ADビジョン(サイネージ)
(5)京都市営地下鉄 四条駅 サイネージ

となります。

提供:京都水族館

営業再開は状況を見ながら検討中

ーーリニューアルオープンに向けて、現在はどのような状況?

飼育においては、給餌や掃除などの作業を通常通り行っているため大幅な変化はございません。営業再開についてはこの先の状況を見ながら検討中とさせていただいております。


本当は4月下旬のリニューアルオープン予定だったが、新型コロナの影響で延期となり状況が収束することへの期待を込めて今回の予告広告となったという。
なお今回のリニューアルで、西日本最多となる約20種5000匹のクラゲが漂う新展示エリアが誕生予定で、幻想的な世界を体験できるそうなので、新型コロナウイルスの感染が収束した際には、京都水族館の「変態」を楽しんでみてはいかがだろうか?
 

【関連記事】
「トドの岩登り全真相解明」…おたる水族館の“中吊り広告”に目を奪われる

かわいい赤ちゃんを見て! 自虐PRをしていた姫路セントラルパークが“日本一癒されるサイト”を開設