動物の画像が並ぶ「日本一癒されるサイト」が開設

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、人が集まる動物園や水族館などの多くの施設が現在休園となっている。

外出自粛で遊びにも行けず、家でムズムズしている人もいることだろう。そのような中で、休園中の姫路セントラルパーク(兵庫県)が心をくすぐられるサイトを開設したのだ。

姫路セントラルパークと言えば、過去に「日本一心の距離が遠いサファリパーク」と自虐PRが話題になっていたが、今回は自虐と真逆の「日本一癒されるサイト」。

(関連記事:「日本一心の距離が遠い…」姫路セントラルパークの“自虐PR”が話題なので聞いてみた

さっそくどんなサイトなのか見てみると…

姫センはしばらく休園するけれど
自宅待機のストレスをやわらげて救援したい。
そう、休園だけにね(ニヤリ)。

自粛ストレス発散と幸せホルモン分泌に…
動物たちが飼育員にだけ見せる顔を緊急公開
日本一心の距離が遠いサファリパークの
日本一癒されるサイト

自ら「日本一癒されるサイト」と名乗っている通りに、確かに癒される動物たちが見える。ミルクを飲むチーターの赤ちゃんに、寝っ転がっているカバなど…かわいい!

サイト内は、とにかく動物たちのかわいい写真でいっぱい。見ているだけで胸がキュンキュンしてしまい、動物との距離も近くに感じる。家の中でいつまでも見ていられそうな、この素敵なサイトだが、なぜ作ったのだろうか? 姫路セントラルパークの担当者に話を聞いてみた。

擬似的にも当園に遊びに来ていただいてるような感覚で楽しんほしい

提供:姫路セントラルパーク 左・カバ 右・カピバラ

ーー「日本一癒されるサイト」を作ったきっかけを教えて

緊急事態宣言を受けて外出を控える中で、疑似的にでも当園に遊びに来ていただいているような感覚で、少しでもみなさまに楽しんでいただければと思いつくりました。

サイト内には飼育員が、これまで担当する動物たちの写真を撮ってSNSでアップしたものなど、普段はあまり見ることのできない表情の動物たちの写真や動画をご覧いただけます。

提供:姫路セントラルパーク チーターの赤ちゃん

中心となるチーターの赤ちゃんですが、3月2日に生まれた女の子で4月4日から一般公開を始めてすぐ9日から臨時休園をすることになってしまいました。

赤ちゃんを是非見たいという声も多くありましたので、このサイトを作って赤ちゃんの一番可愛らしい様子を少しだけでも見ていただこうと考えました。

ネーミングは昨年「日本一心の距離が遠いサファリパーク」というフレーズでCMを展開したところ話題となり、非常に評判が良かったので、そのフレーズになぞっています。
 

サイトの中心となっているという「チーターの赤チャンネル」を見てみると

チーターの赤ちゃんが…赤ちゃんが…
赤ちゃんが…ぷぎゃあ!
産まれまちたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ天使でごわす!

 

ちなみに、名前も募集中!こんなにかわいいのでチタ男、とかは俄然なしです。
いずれはチーター天使ちゃんの寝姿も更新していきますよぉぉぉぉぉ。
そう、「赤ちゃん寝る」だけにね(ニヤリ)

チーターの赤ちゃんは、動物と接することが多いスタッフも歓喜の声をあげているほどのかわいさ。

今、見に行くことができないのは残念であるが、このサイトからでも十分かわいさが伝わってくる。赤ちゃんチーターの名前を募集しているので、外出自粛が続く今だからこそ、家族でじっくり名前を考えて応募するのもいいかもしれない。

サイトを作ったのは…“46歳のおじさん”!

ーーとてもかわいいこのサイト、誰が作っている?

46歳でおじさんです。花柄には特に意味はありませんが、とにかくこんな時なので見た人たちが少しでも明るく楽しい気持ちになるようにと考えてデザインしました。


“おじさん”が作っていたとは、驚愕の事実だったが、そもそも、過去には「日本一心の距離が遠いサファリパーク」と自虐PRをしていた姫路セントラルパーク。今回のサイト開設で「心の距離」は縮まったのかについても聞いてみた。

提供:姫路セントラルパーク  ライオン

「自分たちにできることでもっともっと心の距離を近づけたい」

ーー「心の距離」は縮まった?

自虐になってしまいましたが、実は「こんなにいいところがあるのにつたえられていない」というところからCMを作りましたので「自慢」から始まっています。

本来、心の距離を縮めることが目的ですので、今の状況は予定したものとは全く違いますが、今回のような取り組みで皆さんとの心の距離が少し縮まってくれればと考えております。引き続き自分たちにできることでもっともっと心の距離を近づけたいと思います。


ーー今後の予定を教えて

写真や動画、もちろんチーターの赤ちゃんの様子も随時更新していきます。インスタライブで毎日午後1時からミルクやりの様子も配信していますし、「おうちでサファリ」というものも少しずつ配信しています。4月20日からは、HPでチーター赤ちゃんのお部屋を24時間ライブ配信も始めました。

 

画面越しとはいえ、チーターの赤ちゃんを近くで見られるのは貴重だ。編集部でもインスタライブを見たが、かわいすぎて胸が苦しくなるくらい癒された。是非午後1時から配信されるインスタライブや投稿をチェックしてほしい。

そして姫路セントラルパークでは、実は他にも癒しの時間を提供していて「姫センの激カワ四つ子情報を届けたい」というサイトなどもあり、個性豊かなサイトで度々話題になっているが、今回はどんな反響があったのだろうか?

SNSを通して多くの人が応援

ーー反響はあった?

今のような状況では、特にSNSが情報配信の有力なツールとして力を発揮していると思います。沢山の方の反応があるということは本当にありがたいです。

職員も皆さんの声を励みに頑張っているので反響をいただけるとやり甲斐になります。インスタライブの毎日の配信でも、時間になると毎日楽しみにしている多くの方が参加されてチーターの赤ちゃんを見守ってくれています。250人近くの方が親がわりの気持ちで応援してくださっているので私たちの方が嬉しくなるほどです。
 

提供:姫路セントラルパーク  レッサーパンダ
提供:姫路セントラルパーク  チーターの赤ちゃん

新型コロナウイルスの影響による外出自粛などでストレスが溜まることも多いことだろう。そのような時には、ぜひ「日本一癒されるサイト」を見て、癒しのひと時を味わって見てはいかがだろうか?
 

【関連記事】
「可愛すぎて悶絶」アザラシの赤ちゃんがまるで“ぬいぐるみ”みたい…鳥羽水族館に聞いてみた

色鮮やかな落ち葉に埋もれるタヌキの姿が話題…潜っているのはやっぱり暖かいから? その理由を聞いた