宮城県内でも感染が続く、新型コロナウイルスについて、村井嘉浩宮城県知事と一緒にお伝えする。

仙台放送 梅島三環子アナウンサー:
「緊急事態宣言」が全国に拡大されて2週間が経ちましたが、この2週間の宮城県民の皆さんの行動を、どのようにご覧になっていますか?

村井嘉浩知事:
ビックデータをとって見ているんですけども、確実にみなさん自粛してくださっているのがデータで読み取れます。心から感謝しております。

仙台放送 梅島三環子アナウンサー:
十分だと思われますか?

村井嘉浩知事:
残念ながら目標の8割には至っていない。どの地点で見ましても。

感染者と退院者の内訳

仙台放送 梅島三環子アナウンサー:
県内の累計感染者数と「新たな感染者数」、そして「療養中の方の数」を示したグラフで県内の感染者数を見ていきます。
この1週間の推移を見てみると、4月28日は2人新たに出ましたが、最近1日あたり1人か0人という日が続いています。さらに感染した人の半数もすでに退院されています。
一見すると、県内は状況が落ち着いてきているようにも見えますが、知事はこの状況をどのようにご覧になりますか?

村井嘉浩知事:
肝心なのは、この折れ線グラフで、療養している人の数は現在45人くらい。ただクラスターが発生すると一気に増えてしまうという事で、決して油断は出来ないという状況です。

PCR検査の数は増えている

仙台放送 梅島三環子アナウンサー:
PCR検査の絶対数が少ないから感染者が少ないのでは、という声もありますが、その点についてはいかがでしょうか。

村井嘉浩知事:
PCR検査を受けるためには帰国者・接触者外来と言うところで検査をしなければなりません。その前に、保健所にある帰国者・接触者相談センターを通るが、今までPCR検査できるところが数が限られておりましたので、確実にこれはコロナウィルス患者だなと思う人しか通せなかったんです。
ですが、ここ最近、ドライブスルー方式などもやりまして、検査件数を増やす、検査できる場所を増やしましたので、段々検査できる方の数が増えてまいりました。「お医者さんがこの人は検査をしてくれ」と回した方はほぼ間違いなく検査ができるようになってきたということです。安心していただきたいと思います。

仙台放送 梅島三環子アナウンサー:
たとえば、4月27日のPCR検査について、県のコールセンターへの問い合わせは668件。
実際に検査をされたのは30件。これは適正な数と見ていいのですか?

村井嘉浩知事:
そうですね。今、ご覧の通り患者が少ない状況ですので、全体のデータを見ると、色々なご相談ありますので、このくらいだと思います。

自宅療養は患者の意思や状況を判断して

仙台放送 梅島三環子アナウンサー:
一方で、県内の感染者の方がどこで療養されているかのグラフをご覧いただきたいと思います。入院されている方が26人。ホテルで療養されている方が7人、自宅療養が8人。退院された方が43人。
自宅の8人なんですが、空きがあるならホテルで療養した方がいいのではと思うのですが、その点についてはいかがでしょう?

村井嘉浩知事:
基本的には、患者さんにはまず一回病院に入ってもらいます。病院に入ってから軽い方はホテルに、という風にしています。
基本的に自宅では療養しないようにお願いしているんですが、小さなお子さんがいる、あるいは小さなお子さんがかかってしまったという場合に、どうしても病院やホテルではなく自宅で、しかも症状が軽いという時は、自宅にという選択をされる方がいる。
これは患者さんの意思で、自宅におられるということであります。われわれは強制的に入院させることはできないということです。

仙台放送 梅島三環子アナウンサー:
あくまで個人の判断という事で。

村井嘉浩知事:
はい。基本的には全部病院に。そして軽い方はホテルへ、というふうにしています。

仙台放送 梅島三環子アナウンサー:
現在、県内に入院対応できる病床が78床あります。現在28人入院しています。全国的には医療の危機的状況も言われていますが、県内ではその心配はないと考えてよいですか?

病床足りているが…注意が必要

村井嘉浩知事:
今は大丈夫です。現在は388床準備していますので、患者数よりもベッドの数の方が圧倒的に多いわけです。しばらく安心ですが、ひとたび東京のようになってしまう、あるいは諸外国、アメリカやイタリアやフランス、スペインのようになってしまうと、一気にベッドが足りなくなってしまうということです。
治療薬が出るまでは、患者を極力抑える、ということは何よりも肝心。患者が増えてくると、当然その率に応じて重症者も増えて来る。そうすると重症者の入るベッドがなくなってくる。まずは重症者を生み出さないためにも患者の総数を減らす努力が必要だということです。

(仙台放送)