米の備蓄量は供給不足の問題なし

緊急事態宣言を前に取材班が向かったのは埼玉県久喜市にある精米工場。
閉ざされたシャッターの奥に進むと、様々な機械が通常通り稼働していた。

この全農パールライス埼玉工場では1日200トンの玄米を精米。
大型トラック20台分ほどの米が関東圏に出荷されている。

では、在庫の方はどうなっているのか?
特別に倉庫を見せてもらうとたくさんの米が保管されていた。
農林水産省によると、国内に備蓄されている米は6か月分以上。供給不足となる心配はないという。

全農パールライス埼玉精米工場・馬橋和明工場長:
決して慌てず、必要な量だけお買い求めいただければ大丈夫かと思います。

即席麺やレトルト食品の物流が滞る心配なし

もう1つ買いだめされやすい商品といえば、保存のきく即席麺だ。

次々とやってくる大型トラック。千葉県野田市の大手スーパー・イオンの物流倉庫には、様々な商品が各地から運び込まれている。

東京ドームとほぼ同じ広さという倉庫の中は、段ボールでいっぱい。即席麺やレトルト食品などの食品が10日分保管されていた。それらの物流が滞る心配は今後もないという。

イオン株式会社広報部・藤田紀久子さん:
いつもより多い物流が動いておりますので、物流に関してはご安心いただけれたらと。

スーパーも普段通り在庫たっぷり

では、買う側の意識はどう変わっているのだろうか。7日、東京・足立区のスーパーを取材すると、店内は落ち着いた雰囲気で、客の数も普段通り。

買い物客は:
毎日こまめに来ているので、まとめ買いとかはしていないです。

買い物客は:
これだけ商品があると、そこまで心配はないですね。

在庫は店のバックヤードにも。即席麺やお菓子、さらには飲み物など数多く備えられている。
こうした在庫の確保は3月に起きた買いだめの反省を踏まえての対応だという。

ベニースーパー・赤津友弥本部長:
前回は商品を発注しても入らないということがありました。

今回は既に1か月分の在庫を確保。万全の対応をとっているという。
初の緊急事態宣言が出される今回、番組が取材した担当者たちは口をそろえてこう呼びかける。

イオン株式会社広報部・藤田紀久子さん:
商品が買えないんじゃないかとご心配なさらないように。

ベニースーパー・赤津友弥本部長:
在庫量は十分に用意しております。

全農パールライス埼玉精米工場・馬橋和明工場長:
ご安心ください。

(LIve News it! 4月7日放送分より)