死に至る危険も…侮ってはいけないヒートショック

冬は、お風呂に入るのが気持ちいい季節。家のお風呂でも銭湯や温泉でも、湯船につかってゆっくりとしたいところ。しかし、寒い時季の入浴は「ヒートショック」に注意が必要だ。

「ヒートショック」とは、急激な温度変化が身体にダメージを与える現象の総称で、気温差が10度以上あると起きやすいといわれている。

人の血圧は、気温が低くなると血管が縮んで上昇し、気温が高くなると血管が広がって下降する。

そこで注意が必要なのがお風呂だ。暖かい部屋から寒い脱衣所で裸になると血圧は上昇し、湯船につかって体が温まると血圧は急降下。そして、お風呂あがりに脱衣所で着替えることで、また体が冷えて血圧が上昇する。

この記事の画像(3枚)

このようにジェットコースターのように血圧が乱高下しやすいため、入浴の際にはヒートショックの危険がある。

・浴室や脱衣所をできるだけ暖めましょう。
・かけ湯をして、身体を温めてから入りましょう。
・お湯の温度を41度以下にし、湯舟につかるのは10~15分程度にしましょう。

また、冬でも入浴すると汗をかくため脱水症状を起こすことがある。入浴前後に水分摂取を心がける必要がある。

正しい入浴法を心がけてお風呂に入って、身も心も温めるようにしよう。

参考:ウェザーニュース

(東海テレビ)