ブロードウェーミュージカルもついに閉鎖

アメリカ国内での新型コロナウイルス感染拡大には、アメリカならではのある問題が背景に。
世界のエンターテイメントの最高峰ブロードウェーミュージカルもついに閉鎖。
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、約40ある劇場すべてが1ヵ月間閉鎖されることになった。

街の人:
なぜ行列じゃないのか不思議だった。きのうは行列だったから。なんでもいいからチケットが買いたかった

上演中止に肩を落とす人々。
中には卒業旅行で訪れたという日本の学生も。

日本の学生:
残念やね。めっちゃ楽しみにしてたのに。予習してきたのに

またメトロポリタン美術館やカーネギーホールなども一定期間の閉館を決定。

アメリカの専門家「徹底した封じ込めをしなければ、数百万人の感染者」

アメリカでも広がる感染拡大の不安。
アメリカの専門家チームの一員、アンソニー・ファウチ博士は下院の公聴会で「徹底した封じ込めをしなければ、数百万人の感染者を出すだろう」と警鐘を鳴らしている。

アメリカの文化の違い「マスクをしない」

アメリカは今、大統領予備選の真っ最中。
現地入りしている明治大学 政治経済学部の海野素央教授は感染拡大につながる不安要素があると指摘する。

3月9日に撮影された、バイデン候補の集会の様子。
現在は集会は中止されているが…。

明治大学 政治経済学部・海野素央教授:
アメリカの文化の違いは、マスクをしないということ。集会でマスクしている人なんて1人もいない。アメリカ人の感覚だと、マスクしてると変人、何かたくらんでいるよう

咳やくしゃみの症状がある感染者がマスクをせずに参加していれば感染が広がる恐れがあるという。
さらにアメリカでは国民皆保険ではないため日本ではあり得ないリスクも。

明治大学 政治経済学部・海野素央教授:
無保険、保険に入っていないから検査を受けないとなってくると、検査を受けず、コロナウイルスを持っている人が職場に行ってしまう

大統領選の争点ともなりうる新型コロナ。
感染拡大を防げるのか、トランプ大統領の手腕に注目が集まっている。
(「Live News α」3月13日放送分)