木村拓哉&工藤静香の長女Cocomiがデビュー

木村拓哉さんと工藤静香さんの長女で音楽家のCocomiさんが28日発売の女性ファッション誌「VOGUE JAPAN」の表紙で芸能界デビューすることが分かった。

高校を卒業したばかりのCocomiさんは、VOGUEの表紙デビューに加えて、高級ブランドディオールのジャパンアンバサダーに就任したことも発表された。

フルートで数々の音楽賞受賞

Cocomiさんは3歳でバイオリン、11歳でフルートを始めている。

2019年高校三年生の時に第2回日本奏楽コンクールで最高位の準グランプリを受賞(グランプリ該当なし)した他、数々の音楽賞を受賞している。

公開されたディオールのPR映像では、パリを訪れた様子とフルートを演奏する姿が映し出されている。

Cocomiさんは今後、フルートの勉強を中心に大学で学びながら音楽家として本格的に活動していく予定だという。

フルート奏者として活動へ

久慈暁子アナウンサー:
目元がお母さんの工藤静香さんに似てますよね。

軽部真一キャスター:
鼻筋はまたお父さんの木村拓哉さんかなという感じもありますよね。華々しくデビューしたんですが4月からは大学に進学する。おそらく桐朋学園だと思いますが、フルート奏者を極めるために今回の仕事以外芸能活動は控えていくとということです。美人フルート奏者誕生でクラシック界にとってもCocomiさんの存在はとても楽しみということになります。

Cocomiさんは妹のKoki,さん同様英語とフランス語が堪能だという。

妹のKoki,さんは2018年に世界最年少15歳でブルガリのアンバサダーに就任している。

(「めざましテレビ」3月19日放送分より)