文大統領は「パラサイト」制作陣を大統領府に呼んで昼食会を開いた
この記事の画像(5枚)

アメリカ・アカデミー賞で作品賞など4冠を達成し、日本でも観客動員数が100万人を超えるヒットになっている韓国映画「パラサイト 半地下の家族」。偉業達成に韓国は文字通りお祭り騒ぎとなっている。政権も放っておくはずもなく、2月20日にはポン・ジュノ監督や出演した俳優が大統領府に招待され、文在寅大統領夫妻との昼食会が行われた。和やかな雰囲気で偉業をたたえる言葉が大統領から述べられたが、その中で、日本人として看過する事が出来ないやり取りがあった。

アカデミー賞作品に登場した「独島ソング」

文大統領:「ジェシカソングは、そのメロディーや歌詞は誰が決めたのですか?」
俳優パク・ソダム:「監督が…」
ポン・ジュノ監督:「日本の観客もそれを歌うそうです」(一同大爆笑)

このやり取りを理解するには少々説明が必要だ。

実はこの「パラサイト」の劇中には、韓国が「独島」として不法占拠している島根県の竹島が「登場」する。登場人物の1人(貧しい家庭の娘)が「ジェシカ」という女性に成りすまそうとして、「ジェシカ」のプロフィールを暗記するために替え歌を口ずさむシーンがあるのだが、その元歌が「独島は我が領土」という歌なのだ。つまり文大統領は昼食会の場で「独島は我が領土」の替え歌について質問したのだ。

「独島は我が領土」とは

青いスーツの女性が「独島は我が領土」の替え歌を劇中で歌った女優パク・ソダム

この「独島は我が領土」の歌詞を簡単に紹介する。

鬱陵島(ウルルンド)東南、船で二百里
寂しい島ひとつ、鳥のふるさと
誰が何と言おうが
独島は我らの地
(中略)
ハワイは米国の地、対馬は日本の地
独島は我らの地、我らの地
露日戦争直後、主無き島と
勝手に言っては困ります

軽快なメロディーに乗せて竹島は韓国領の「独島」だと主張する歌だ。韓国では誰もが口ずさむことが出来る有名な曲だという。「パラサイト」で替え歌が使われた事は韓国メディアが報じており、多くの韓国人が知っている。また韓国メディアによると、海外の映画ファンの間では「ジェシカソング」「ジェシカジングル」として話題になっているという。実際に「パラサイト」の北米向け公式サイトからは、この替え歌が自由にダウンロード出来るようになっていた。

一方、「独島は我が領土」のメロディーを知っている日本人は少ないだろう。「パラサイト」を見た日本人の観客のほとんどは、「独島は我が領土」の替え歌が使われていた事を知らなかったと思われる。しかし、この替え歌の韓国語の歌詞をカタカナ表記して、日本人も歌えるようにした動画が動画投稿サイトに掲載されており、実際に歌った人がいたかもしれない。

「パラサイト」関係者は日本人の観客を嘲笑したのか

「パラサイト」のポン・ジュノ監督

こうした経緯を踏まえて、昼食会でのやり取りをもう一度見てほしい。

文大統領:「ジェシカソングは、そのメロディーや歌詞は誰が決めたのですか?」
俳優パク・ソダム:「監督が…」
ポン・ジュノ監督:「日本の観客もそれを歌うそうです」(一同大爆笑)

出席者の真意は分からないが、「独島は我が領土」の替え歌を、知ってか知らずか日本人の観客が歌っているとして日本の観客を嘲笑したようにも見える。もしくは、日本人の観客が「独島」の歌を歌う事に痛快さを感じたのかもしれない。そうでなければ、一同が大声で笑う理由が分からない。なお、替え歌について言い出しっぺである文大統領は、一同が笑った際、やや硬い表情を見せていた。

作品の中にこういう替え歌を入れる事自体は、監督の自由だ。それを否定するものでは全く無く、またこれをもって「反日映画」であるとも思わない。ただ作品自体の評価とは全く別の問題として、お金を払って「パラサイト」を鑑賞した日本の観客を嘲笑もしくは揶揄していると取られかねないこのやり取りは、非常に残念に感じた。

ポン・ジュノ監督は2月24日、東京で舞台あいさつに立つという。日本の観客にどんなメッセージを送るのか、昼食会で「日本の観客が独島の歌を歌う」と言って笑った理由について話すのか、注目される。

【執筆:FNNソウル支局長 渡邊康弘】

「隣国は何をする人ぞ」すべての記事を読む