相手が打つのを待たず駒が激しくぶつかり合う「リアルタイムバトル将棋」

この記事の画像(12枚)

相手が駒を動かすのを待たずに、次々と自分の駒を動かすことができる「リアルタイムバトル将棋」。2021年3月、eスポーツのライセンスタイトルに認定され、ついに将棋もeスポーツの仲間入りを果たした。

その「e将棋」のアマチュア大会で、優勝した岐阜・神戸町の中学1年生がいる。夢はプロの「e棋士」になることだ。

岐阜・関市のショッピングセンターで行われた「リアルタイムバトル将棋」の体験会。将棋なのに駒が激しくぶつかり合う。

「リアルタイムバトル将棋」のルールは2つ。相手が駒を動かすのを待たずに、次々と自分の駒を動かすことができること。そして1度動かした駒は、金が6秒、歩が3秒など決まった秒数は動かせないこと。
これまで羽生善治九段や、岐阜市の18歳、山口仁子梨女流など将棋のプロがプレーしたこともある。

体験会に参加した女性A:
普通はできない、一気に3手指しとかできるので、勢いあって楽しい

女性B:
確かに将棋のルールじゃないけど、逆に将棋が楽しくなるから、もっと将棋が好きになる

本将棋は一局30分以上も…気軽に短時間で遊べる「リアルタイムバトル将棋」

このバトル将棋は、岐阜市のIT企業「シルバースタージャパン」が開発した。
一局30分以上かかってしまうのが将棋。
しかし、最近の若者には気軽に短時間で遊べるゲームが人気のため、約1分で勝負がつく「リアルタイムバトル将棋」を考え出した。

「ぷよぷよ」や「パズドラ」などに続き、2021年3月には「リアルタイムバトル将棋」も日本eスポーツ連合でライセンス認定タイトルに。

海外の大会では、賞金額が億を超えるeスポーツ。リアルタイムバトル将棋の登場で、ついに将棋もeスポーツの仲間入りを果たし、プロe棋士が生まれることになった。

「目標はe棋士になること」と話すのは、現役のプロ棋士・星野良生五段(32)。シルバースタージャパンと社員契約し、イベントで実戦するなど広報を担当している。プロ棋士もプロe棋士を目指す時代になった。

夢はeスポーツのプロ…アマチュア大会で優勝した当時小学生の男の子

2021年2月に星野五段も出場した大会で優勝したのは、岐阜・神戸町に住む、当時小学6年生の篠田伶桜くん。

今、e将棋界で注目されている1人だ。伶桜くんは、ほぼ毎日3時間、インターネットでe将棋の仲間と対局している。

篠田伶桜くん(13):
負けた時の対局2、3回見て、後からもっと早く指す練習したりします

「自分の得意な戦法を作るのが目標」と話す伶桜くん。小学3年生から将棋に打ち込み、岐阜の大会で優勝したこともある。2020年11月にe将棋に出会い、それからわずか3か月余りで、アマチュア大会で優勝した。

伶桜くん:
本将棋の方は一手一手を読んで集中する感じで、バトル将棋は自由に指して、コツとか速さを強くする感じ

バトル将棋はゲームのため、伶桜くんの母親は当初やらせることを躊躇していた。
しかし、伶桜くんがどうしてもやりたがるため、本将棋も頑張ることを約束に、バトル将棋もやることを許可したという。

母親の真里さん:
ここまで成長して本当にびっくりしました。こんなにゲームなのに頑張ってくれるんだって思うと、出会ってよかったし、支えていってあげようと思って

今ではe将棋に打ち込む息子を応援している。将来の夢は「eスポーツのプロ」。中学生になった伶桜くんは、目を輝かせていた。

(東海テレビ)