“海の生き物”のリアルなペーパークラフトが話題

水産庁所管の「国立研究開発法人 水産研究・教育機構」のHPで、無料でダウンロードできる「オリジナルペーパークラフト」がTwitter上で話題になっている。

きっかけは、「渡辺たけし@日本酒D2C(@takeshi_rice)」さんのツイート。

ペーパークラフトの画像と共に、「水産庁のホームページにあるペーパークラフトが最高すぎる。50種類以上ある」とコメントしたツイートには6万3000以上のいいねがついている。(5月7日時点)

また、このツイートがバズった後、水産庁・広報のTwitterアカウントが反応。

「水産庁Facebookでペーパークラフトをご紹介しておりますので、フォローしていただけたら、中の人が泣くほど喜びます」とツイートしている。

56種類の“海の生き物”が作れる

「国立研究開発法人 水産研究・教育機構」のキッズページでダウンロードできるのは、マダイ、サケ、ソデイカ、ズワイガニなど56種類の“海の生き物”のペーパークラフト。

オリジナルペーパークラフト(国立研究開発法人 水産研究・教育機構HP)
この記事の画像(11枚)

紙に印刷して、のりで貼り合わせると“海の生き物”が作れるのだが、型紙は写真がもとになっているため、完成すると非常にリアルなのが特徴だ。

マダイの型紙(国立研究開発法人 水産研究・教育機構HP)
完成したマダイ(提供:国立研究開発法人 水産研究・教育機構)

難易度は5段階の★で示していて、たとえば、作るのが簡単なナンヨウマンタは「★(星1つ)」、難しいニシキエビは「★★★★★(星5つ)」という具合だ。

ナンヨウマンタの型紙(国立研究開発法人 水産研究・教育機構HP)
ニシキエビの型紙の一部(国立研究開発法人 水産研究・教育機構HP)

最も難しいズワイガニは「★★★★★★★★(星8つ)」と、規格外の難易度となっている。
 

ズワイガニの型紙の一部(国立研究開発法人 水産研究・教育機構HP)

おうち時間を使って、子どもだけでなく大人も楽しめそうだが、56種類もあり、難易度も様々というと、何から手を付ければよいのか?また、上手く作るコツはあるのか?

「国立研究開発法人 水産研究・教育機構」の担当者に話を聞いた。

「水産の研究機関なのでリアリティを追求しています」

――オリジナルペーパークラフトを公開したのは何年前?

9年前の2012年からです。
年々、増やしていって、今では56種類になりました。
 

――年々、増やしていっているのはなぜ?

国立研究開発法人 水産研究・教育機構では、定期的にイベントを開催しているのですが、イベントが開催される度に、新しいペーパークラフトを作っていたところ、増えていきました。
 

――型紙は誰が作っている?

ペーパークラフトが得意な職員が一人おりまして、これまでの型紙は全て、この職員が一人で作っています。
 

――どのようなことにこだわった?

イラストではなく写真をもとにしていますので、リアリティを追求しています。
水産の研究機関なので、リアリティ重視です。
 

クロマグロの型紙(国立研究開発法人 水産研究・教育機構HP)

ズワイガニは完成までに8~9時間かかる

――56種類もあって何から手を付ければよいか悩む。子どもにおすすめは?

「ナンヨウマンタ」です。
これは細かく切るところがないので、おすすめです。

完成したナンヨウマンタ(提供:国立研究開発法人 水産研究・教育機構)

――大人は何から手を付ければよい?

よく食べているなど、馴染みのある“海の生き物”から始めるのをおすすめします。
 

――最高難易度の「ズワイガニは慣れてからの方がよい?

慣れてからの方がよいです。
ちなみに、私は、切るだけで5~6時間かかり、組み立てるのに3時間かかりました。一日がかりの作業です。
 

――上手く作るコツは?

コピー用紙ではなく、ペーパークラフト用の紙など厚めの紙を使うことです。コシがあるので作りやすくなります。
コピー用紙で作る場合は、中にティッシュなどを入れると、型崩れしにくくなるので、おすすめです。

ちなみに、ズワイガニはA3用紙で印刷するのがおすすめ
大きくて迫力のある、ズワイガニになります。

完成したズワイガニ(提供:国立研究開発法人 水産研究・教育機構)

「これをきっかけに“海の生き物”に興味をもってもらいたい」

――今回の反響をどのように受け止めている?

驚いていると同時に、おうち時間を充実させたいという空気を感じます。
 

――このオリジナルペーパークラフト、コロナ禍でどのように楽しんでほしい?

ペーパークラフトを作るのをきっかけに、“海の生き物”の名前を覚えてもらい、興味を持ってもらいたいと思っています。
新型コロナウイルスがおさまったら、水族館に行って、実際に泳いでいる姿も見てもらいたいです。

完成したニシキエビ(提供:国立研究開発法人 水産研究・教育機構)

水産庁・広報はFacebookに「緊急事態宣言下、ペーパークラフトを作って、家を海の生き物だらけにして遊びましょう!!」と投稿している。

4都府県に発令中の緊急事態宣言は延長が決まり、愛知、福岡も追加された。自由に外出がしづらい中、リアリティを追求したペーパークラフトで、おうちを水族館にしてみてはいかがだろうか。