楽天“送料無料”に三木谷氏「必ず遂行する」 専門家は「戦略上の迷いや焦りが出てきているか」と指摘

カテゴリ:ビジネス

  • 2020年3月18日から3980円以上の買い物は出店者負担で一律送料無料へ
  • 公取委が調査開始 三木谷氏「政府や公取委と対峙しようとも必ず遂行する」
  • 世界の流通は「メガストア型」vs「ブティック型」の二極化

ワークマンやディズニーストアは楽天市場から撤退へ

楽天の送料無料サービスをめぐり、公正取引委員会が調査を開始した。

楽天は、2020年3月18日から税込3980円以上の買い物を対象に、一部の地域を除き送料を出店者負担で一律無料にする方針を示している。

楽天 三木谷浩史会長兼社長:
おそらく十数パーセントは、皆さんの流通総額が上がると確信している。何が何でも皆さんと一緒に成功させたい。

楽天・三木谷浩史会長兼社長

これに対し、公正取引委員会が、独占禁止法が禁じている優越的地位の乱用に当たる可能性があるとして、調査を始めた。

この問題をめぐっては、一部の出店者から「負担が増える」などとして反対の声が上がっていて、作業服販売大手のワークマンは、楽天が送料無料の方針を表明した後に楽天市場からの撤退を発表。

また、ディズニーストアも2月半ばに楽天市場に出店している販売サイトを閉鎖することを発表した。

ワークマンは楽天市場からの撤退を発表

「政府や公取委と対峙しようとも必ず遂行する」

楽天 三木谷浩史会長兼社長:
現実から目を背けて一部の店舗が騒いでいるが、結局、皆さんのところで買わなくなったら何の意味もない。必ず店舗の成長につながることについては、たとえ政府や公取委と対峙しようとも必ず遂行する。

楽天・三木谷浩史会長兼社長

競合するアマゾンジャパンが、2000円以上の購入や会費制のプライム会員については送料を無料としていることから、これに対抗する狙いがある。

公取委は、出店者から事情を聴くなどしていて、菅久修一事務総長は29日の会見で、独禁法に違反する行為があれば必要な調査をしなければいけないと述べている。

公正取引委員会・菅久事務総長

世界の流通は「メガストア型」vs「ブティック型」の二極化

三田友梨佳キャスター:
山口さんは29日に行われた楽天のカンファレンスに参加されていたんですよね。

経営思想家 山口周氏:
そうですね。スピーカーとしてお話しする機会をいただいて、内部の方も含めて、経営についての話をさせていただきました。

経営思想家・山口周氏

三田友梨佳キャスター:
そんな中、送料無料について山口さんはどうお考えですか?

経営思想家 山口周氏:
戦略上の迷いとか焦りが出てきているのかなと思います。
今、世界の流通は大きく分けて「メガストア型」と「ブティック型」に二極化する傾向があります。 「メガストア型」は品揃えが豊富で便利で使いやすく安いという方向。 それに対置する「ブティック形」は、品揃えはたくさんあるわけではないが、こだわりを持った専門店でファンと非常に深い関係を作っていく方向。

アマゾンは「メガストア型」を目指しているが、楽天はもともとはこだわりを持った店主さんが非常にいて、ある意味「ブティック型」の集まりのショッピングモールの形をとっていた。ですからコストや品揃えというよりかは、こだわりの品揃えでファンを作っていく方向だったんでが、今回の送料無料化は「メガストア型」を目指す動きのように外からは見える。

今まではブティックをちゃんと揃えていく方向だったのに対して、今の三木谷さんの方向性は、逆に「メガストア型」に行こうとしているのかなという感じで、どちらに行こうとしているのか、外部からすると少しちぐはぐに見える面もあり、お悩みなのかなという気もします。

三田友梨佳キャスター:
送料無料は必要なことなんでしょうか?

経営思想家 山口周氏:
一部の方にアピールすることは間違いないと思いますが、必ずしも全ての方が「送料無料だからここで買おう」ということではなくて、むしろある程度高くてもこだわりの品揃えを評価してここで買っているという人にとっては、やらなくても良かった値下げになってしまう。

三田友梨佳キャスター:
個人的には送料無料は魅力の一つだと思いますが、楽天というプラットフォームに出店しているメリットがなくなれば、撤退して自社サイトに重きを置く店も増えるかもしれません。楽天はどのように対応していくのでしょうか。

(「Live News α」1月29日放送分)

Live News αの他の記事