「食べられるロボット」って何?なんの役に立つ? 開発者に聞いた

  • 「食べられるロボット」の開発が進められている
  • 開発者「羊腸、高野豆腐などの“可食材”を用いるという点がもっとも斬新な点」
  • 課題は「安全性の確保」

世界中で様々なロボットの開発が進められているが、中には一風変わったものもある。
その1つが、「食べられるロボット」だ。

一体どのようなロボットで、どのようなかたちでの活用を考えているのか?

2016年から「食べられるロボット」の開発を進めている、東北大学の多田隈建二郎准教授に話を聞いた。

「食べることが可能な素材で構成されたロボット」

――そもそも、「食べられるロボット」というのは何なの?

「食べることが可能な素材で構成されたロボット・装置」というのが定義で、柔らかい材料を用いた「ソフトロボット」の一種とも言うことができるものです。

「ソフトロボット」が柔らかい材料として、ゴムやスポンジ、ビニール袋などを用いてきたのに対して、「食べられるロボット」は、羊腸、高野豆腐などの“可食材”(=食べられる材料)を用いるという点がもっとも斬新な点になります。

我々は2016年の初頭から、この「食べられるロボット」(=可食ロボット)の研究開発を進めています。

目的は「咀嚼ができなくなった被災者への栄養補給」など

――どのような役割を果たすロボットなの?

以下のような役割を考えています。

・自ら推進力を出すことによる、咀嚼ができなくなった被災者への栄養供給
・見た目の派手さや動きの面白さからくる次世代の娯楽的食事(たとえば、結婚式やパーティなどで話題にできるなど)
・胃腸内の能動的な清掃(動くコンニャクのようなイメージ)


――「食べられるロボット」の研究を始めたきっかけは?

災害対応ロボットの研究開発をしていたことがきっかけです。


――災害現場では、どのようなかたちで活用することを想定している?

災害現場では、救助隊員が助け出すまでの間、生きながらえさせる必要があります。

その際、栄養注射で要救助者にエネルギーを与えるとなると、粉塵やがれきなどの汚れから、どこに血管があるかが分かりにくいものです。要救助者が、咀嚼が困難な場合もあります。

こういった場合に、「食べられるロボット」が要救助者の口に入り、自らが推進して、最後には消化されて栄養分になる、というイメージです。

課題は「安全性の確保」

――実用化は何年後ぐらいになりそう?

少なくとも3年~5年の時間はほしい、と考えています。

――実用化のための課題は?

安全性に付きますね。

安全性をどう確保するかですが、「食べることができるサイズか(誤飲しても喉に詰まらないか)」「食べることができる硬さ・柔らかさか」「摂取量の上限値が低いものでない素材か」という点が、実用化する上ではやはり課題でしょうね。

この辺りは、医学的な観点もいりますので、スムーズに研究を進めていくのはなかなか難しいところです。


「食べられるロボット」とは一体何のためかと思ったが、災害対応ロボットの開発がきっかけで、「咀嚼ができなくなった被災者への栄養補給」を目的の1つとして開発が進められていた。