素顔非公開のアイドルお披露目サプライズ “大人の魅力”全開コラボも 【TIF2019】3日目リポート

  • 指原莉乃プロデュース「≠ME」のお披露目ライブに注目集まる
  • 新体制BiSが初めて素顔を見せるサプライズ登場に会場どよめき
  • フィロソフィーのダンス×prediaによる大人の魅力全開コラボ

世界最大級のアイドルフェスティバルTOKYO IDOL FESTIVAL 2019=通称TIF(ティフ)。

8月4日に行われたTIF3日目のようすをリポートする。



<初日記事:アイドリング!!!が一日限りの復活!!! 【TIF2019】初日前半リポート
<初日記事:Berryz工房大好きスッペシャル!にハロプロ好きアイドル大集結! 【TIF2019】TIF初日後半リポート
<2日目記事:日向坂46お台場で新曲初披露 絶品アコースティックステージも【TIF2019】2日目リポート
<グランドフィナーレ記事:「走れ!」から「3WD」まで10周年をコラボステージで再現!【TIF2019】グランドフィナーレ

≠ME(SMILE GARDEN)

指原莉乃が=LOVEに続きプロデュースを手掛けるアイドルグループ「≠ME」がSMILE GARDENで初お披露目となった。

オフィシャル提供写真

全て指原が作詞を手掛けた=LOVEのカバー曲4曲「スタート!」「届いて LOVE YOU ♡」 「部活中に目が合うなって思ってたんだ」「探せ ダイヤモンドリリー」を披露。最後に完成したばかりのグループの名を冠した初のオリジナルソング「≠ME」を大胆にパフォーマンスした。

オフィシャル提供写真

TIFのチェアマンも務める指原莉乃の手がける新グループのデビューステージを一目見ようと多くの観客が詰めかけた。

≠MEのセンターを務める冨田菜々風は「オーディションを終えて、みんなレッスンの日々でステージデビューが出来る日は来るのかな?と不安な時期もありましたが、今日こうして、大きなステージでいいスタートが切れたので良かったです」とコメントしていた。

オフィシャル提供写真

IDOL SUMMER JAMBOREE Day3(SMILE GARDEN)

≠ME直後のSMILE GARDENでは、アイドルのシャッフルコラボステージIDOL SUMMER JAMBOREEの3日目が行われた。

MAINA・MANA(大阪☆春夏秋冬)/塩川莉世・岡田夢以(転校少女*)/新井ひとみ・中江友梨(東京女子流) / KOHIME・TOWAKO(PiXMiX)/hinako・risano(lyrical school)が登場。

1曲めは大阪☆春夏秋冬のパワフルな鉄板曲「Let you fly」を大阪☆春夏秋冬、東京女子流、転校少女*、KOHIME(PiXMiX)で披露。肩組みヘッドバンギングや観客との合唱などで一気に会場をヒートアップさせた。

続いて転校少女の「Girl*s Time」を転校少女*と東京女子流でコラボ。ラインダンスでも4人の脚の上がり方が揃って高い!双方メンバー4人で活動しているということで、今回それぞれ2人ずつ参加しての4人のフォーメーションも違和感なく「このまま転校女子流でいけるね」と話していた。

3番手はlyrical schoolの「夏休みのBABY」をlyrical school、大阪☆春夏秋冬、 TOWAKO(PiXMiX)で披露。歌い終わった後、アイドルラップのlyrical schoolらしいフリーにバラバラで踊る楽曲にMAINA(大阪☆春夏秋冬)が「普通コラボステージとかって『次は立ち位置何番で』とかあるのに、いきなり『みんなフリーで!』みたいな(笑)」と普段やらないスタイルを楽しんでいた。

続いてPiXMiXの「Pump It Up!」をPiXMiX、転校少女*、lyrical schoolでコラボ。PiXMiXの2人は「こんなすごいメンバーと一緒にPump It Up!できてうれしかったです」と感激しきりといったようすだった。

最後は東京女子流の「おんなじキモチ」を出演者全員で。最後両手をあごの下に添える可愛いポーズに大阪☆春夏秋冬の2人は「最後のポーズ気恥ずかしー」と照れまくっていた。

虹のコンキスタドール(HOT STAGE)

入場規制もかかった満員のHOT STAGEでは虹のコンキスタドールが「戦場の聖バレンタイン」「パラダイスな片思い」「ずっとサマーで恋してる」「限りなく冒険に近いサマー」「愛をこころにサマーと数えよ」「トライアングル・ドリーマー」と人気曲・夏曲を惜しげも無く立て続けに披露して会場を沸かせていた。

WACK presents DREAMLIGHTS in TIF(SMILE GARDEN)

BiSH、GANG PARADE、EMPiREなど多数の人気グループを抱えるWACKのスペシャルステージ。最初に登場したのはアイナ・ジ・エンド(BiSH)。BiSHを含むWACKの多くのグループのサウンドプロデュースを手がける松隈ケンタによるギター伴奏とカホン担当の吉岡氏の3人だけのアコースティックセットでしっとりと歌う。BiSHの楽曲「SMACK baby SMACK」をアコースティックアレンジで披露した。

MCでアイナ・ジ・エンドは「アイドルフェスなのにおじさん2人連れてきちゃいました」と2人を紹介するや、松隈も「楽屋ヤバいね。ピカピカしてる。いい匂いしてるもん。WACKとかドス黒い匂いするから…」と身内をディスって笑わせた。アイナも「ミニスカートはいてる子とかいて、見えちゃうよって」とおじさんのような冗談を言っていた。

続いてアイナのソロ曲「屋上の空」、BiSHの「DiSTANCE」をアコースティックアレンジで披露。それまで座りで歌っていたアイナも「DiSTANCE」では立ち上がって客を煽っていた。

続いてステージに現れたのは出演がアナウンスされていなかったBiS。サプライズでの登場に、新体制のBiSメンバーだと気づいた会場からどよめきが起こった。これまで素顔は非公開とされていたトギー、イトー・ムセンシティ部、マナコ・チー・マナコ、チャントモンキー、ネオ・トゥリーズのメンバー5人による“第3期BiS”のお披露目ライブとなった。

「STUPiD」「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」「thousand crickets」と“第3期”のために作られた新曲3曲を披露。初めて見る新メンバーの素顔と新曲初披露に、BiSファンには嬉しいサプライズとなった。

続いてはGANG PARADEのユイ・ガ・ドクソンがヤマンバギャルに扮して登場。ソロ曲「Like a virgin」を披露した。

続いてはシャッフルユニットSAiNT SEXによる「WACK is FXXK」とHOLY SHiTSによる「WACK is SHiT」を披露。所属事務所をディスるような楽曲が続いた。

SAiNT SEX
HOLY SHiTS

最後に出演全グループが登場。一転「事務所は素晴らしい」といった歌詞で、WACKとTIFの5年の歴史が垣間見えるこの日のためのスペシャルソング「WACK is BEAUTiFUL (this is love song)」を披露。なんだかキツネにつままれたような気分でステージを終えた。

フィロソフィーのダンス×predia(SMILE GARDEN)

続いてSMILE GARDENで行われたのがフィロソフィーのダンスとprediaという歌唱力に定評のある2組のコラボステージ。2組ともゴージャスなドレスで登場。会場を大人の色気で悩殺していた。

フィロソフィーのダンス×prediaのコラボ「Dancingdia」

まずはprediaの鉄板曲「The Call」を2組全員でパフォーマンス。

MCではコラボユニット名「Dancingdia(ダンシングダイヤ)」の由来にふれ、フィロソフィーのダンスの「Dancing」と「ダイヤの原石」という意味のprediaのdiaから付けたと紹介。「pre(原石)」が取れたことで「なんだかやっと本物のダイヤになれた気がする」と今回のコラボを喜んでいた。

続いてシャッフルユニットで、フィロソフィーのダンスの「ジャスト・メモリーズ」とprediaの「NAKED」を披露。

最後は再び全員で、フィロソフィーのダンスのコミカルな新しいダンスが特徴の楽曲「ダンス・ファウンダー」で盛り上がった。

コラボステージを通してお互いのパートをカバーし合っていたが、そのパワフルな歌声で観客を魅了していた。

日向ハル(フィロソフィーのダンス)・湊あかね(predia)

「ダンス・ファウンダー」の最後の決めで白目を見せていたメンバーがいたが、そのワケはインタビューVTRでご覧ください。