1962年に建設された日向神ダム。福岡県南部を流れる矢部川上流の日向神峡に位置する。

ダム建設で造られた人造湖の日向神湖は、切り立った安山岩が特徴の峡谷で、神話に伝えられる蹴洞岩や天戸岩、正面岩などがそびえ、湖と見事な景観を造り出している。

また縦220m、横180mの通称「ハート岩」は縁結び・恋愛成就のパワースポットとして多くの若者たちに人気。

日向神湖の周囲では、満開となったソメイヨシノ約1000本が訪れた人の目を楽しませる。このソメイヨシノは、ダムに沈んだ集落の住民らが「美しかったふるさとを忘れないように」と植樹したもの。

(テレビ西日本)