3月29日放送の「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)は、3時間スペシャル。

『スーパースター大集合!!ニッポンを明るくするぞSP』と題して、ゴルフ・石川遼選手や渋野日向子選手、水泳・瀬戸大也選手らの秘蔵映像を公開したほか、美女ゴルファーのアンシネ選手と天才キッズの真剣勝負や野球・大谷翔平選手とサッカー・本田圭佑選手を徹底解剖した。

最初の対決、お互い譲らず

天才キッズがプロに真剣勝負を挑む『天才キッズVSプロSP』。今回は愛くるしいキャラクターで人気の須藤弥勒ちゃん、8歳がアンシネ選手と対決。

 

弥勒ちゃんは昨年12月、「キッズ・ワールド・チャンピオンシップ」で優勝し、未来の女子ゴルフ界を背負う天才少女。迎え撃つのは美貌と抜群のプロポーションで男性の人気が高いアンシネ選手。

「ちょっと緊張もしているけど楽しみ。弥勒ちゃんは私と比べてとっても若いけど、すごく才能がある。でも、今日の対決は私が勝つ」とアンシネ選手は意気込む。

一方、弥勒ちゃんも「アンシネさんの首を取りたい。私が負けるのはおっぱいの大きさだけ」と闘志むき出し。

 

今回の対決の舞台は太平洋ゴルフクラブ成田コース。見届け人にはプロゴルファーの東尾理子さん。

気温6℃で強風が吹く過酷な状況で、まずは「ブラインドアプローチ対決」からスタート。

 

番組MC・浜田雅功さんの顔写真が写し出された、高さ2メートル40センチの壁を設置。この壁を越えて40メートル先の台にダイレクトで乗せる。

壁があることにより先が見えない状況で的を狙うこの対決。1球ずつ交互に打ち合い、先に決めた瞬間に勝負が決まる。

 

真剣勝負が繰り広げられ、2球目で弥勒ちゃんがクリアすると、アンシネ選手も2球目でクリア。引き分けのため3球目へ勝負が持ち越されるが、2人とも3球目もクリア。

 

緊張状態が続く中で、4球目に弥勒ちゃんが失敗。ここでアンシネ選手がクリアすると、勝負が決まる。

集中力を高めたアンシネ選手の4球目は見事クリア。「ブラインドアプローチ対決」はアンシネ選手が勝利した。

超難関グリーン対決を制したのは?

次の勝負は「難関グリーンに挑め!超ロングパター対決」。

このゴルフ場の最難関グリーンを舞台に、30メートルの超ロングパットに挑戦。交互に打ち合い、先にカップに入れた方が勝利する。

この難関グリーンには「のぼり坂からの段差」、「さらに急な段差」、「カップ前の傾斜」と3つの難所があり、繊細なコントロールが求められる。

 

1打目、2打目、3打目は共に失敗。最難関のグリーンにアンシネ選手も苦戦。しかし、プロの意地を見せ、アンシネが4打目でクリアする。

 

アンシネ選手は「ゴルフの魅力はカップに入る瞬間。だから入って良かった。本当に幸せ」と笑顔を見せる。

 

レベルの高い対決に東尾さんも「弥勒ちゃんもどんどん(カップに)近づいてきましたが、その前に入れたアンシネさんはさすがでした」と話した。

一方、弥勒ちゃんは「もう少しでって思ったんですけど、勝負は勝負ということで仕方ないですね」と少し悔しそうな表情を見せた。

さらに、FCバルセロナが認めた天才サッカー少年・山﨑翔空くんが元日本代表の小野伸二選手とリフティングで対決。

総距離75メートルで5つの難所をボールを落すことなく、リフティングしながら進んでいくこの勝負。最後は、ゴール地点の鐘にボールを当てて鳴らせば成功となる。超安定した翔空くんのリフティングに、小野選手も「めちゃめちゃうまかった」とべた褒め。

お互いゴールをするが小野選手は、ゴール地点の鐘にボールを当てるも鐘が鳴らず。“当てて鳴らす”ことがルールであったため、この勝負は翔空くんが勝利した。

『ジャンクSPORTS』毎週日曜日夜7:00~8:00放送