春節始まる中“水際対策”は?

中国本土での死者26人、発症者800人以上。

新型コロナウイルスによる肺炎が猛威を振るう中、春節休みの中国人旅行客を受け入れる東京の羽田空港では上海からの便が到着したが、ほとんどの人がマスクを着用している。

国交省は24日から水際対策を拡大。中国から来るすべての航空便とクルーズ船を対象に健康カードの配布や体調不良の申告を促すアナウンスを実施している。

武漢から来た観光客:
健康カードを渡されました

ーー熱があれば申し出る?

武漢から来た観光客:
もちろん

去年の春節では約72万人が中国から日本へ来た。その日本でも感染者が相次いでいる。

24日未明、日本国内2例目となる感染者を確認。厚労省によると感染者は武漢市に住む40代の男性で、現在は東京都内の病院で入院していることが明らかになった。

厚労省の会見:
飛行機で来られた時には症状が落ち着いていた。検疫所でのサーモグラフィーでは引っかかってない

男性は今月14日から発熱があり15日と17日に中国の医療機関を受診。その後症状が落ち着いたため、19日に日本を訪れたが、20日と22日に国内の医療機関を受診したところ、肺炎の症状が見られ新型コロナウイルスの感染が確認された。

さらに国内3例目となる感染者の疑いも。北海道千歳保健所によると、その人物は中国武漢市から千歳市を訪れていた30代の女性旅行者。女性は成田空港を経由し、23日に新千歳空港に到着し市内の宿泊施設に滞在した。しかし、高熱や歯の痛みなどを訴え、24日未明、救急車で市内の病院に搬送された。

検体は東京の国立感染症研究所に送られ、新型コロナウイルスによる肺炎かどうか25日には判定結果が出る見通しだ。

インフルエンザ同様にマスク着用し手洗いや消毒を

1週間に及ぶ春節休み。私たちはどのような心構えでいればよいのか。獨協医科大学の増田道明教授にお話しを伺った。

獨協医科大学 増田道明教授:
到底対岸の火事ということで考えることはできないと思います。通常のインフルエンザに対する対策と同様でマスクの着用をするとか、あるいは手の消毒や手洗いをまめに行うこと。必要のない時に人混みに行くようなことを避けるとかそういったことは必要が出てくるかなと思います。

今回の事態を受け外務省は24日付で武漢市を含む湖北省の感染症危険情報レベルを3に引き上げ、渡航中止勧告を出すと発表した。

Live News it!のスタジオでは、番組コメンテーターの吉田潮さんに話を聞いた。

加藤綾子キャスター:
春節休みで中国からの観光客がこれから増えてくると思いますが、心配ですよね?

コラムニスト・吉田潮さん:
せっかく日本に外貨を落としてくださるお客さんですが、やっぱり人間はウイルスに勝てませんから、どこかで日本に入ってくるのを止めるという措置も必要なんじゃないかなと思っちゃいますね

加藤綾子キャスター:
どう止めたらいいかってことですよね

風間晋解説委員:
完璧な水際対策はもとより不可能ですよね。潜伏期間が比較的長かったりするので、結局はVTRで増田先生もおっしゃったように、個人個人が普段のインフルエンザ対策をもう少し意識してやっていくというのができることなのかなと思います

加藤綾子キャスター:
個人でしっかりとマスクを着用したり、手洗いやうがいなどの対策をしていかないといけないということですね

(「Live News it!」1月24日放送分より)