今、さまざまな芸能人が海外や地方へと移住している。

1月9日(木)放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、「あの美女たちの海外・離島移住生活のシンソウスペシャル」と題し、3人の女性に密着した。

自宅には自慢のヨガスタジオも!

沖縄本島中部の海沿いに位置し、空港から車で約50分の場所にある、沖縄・恩納村。

豊かな自然が残る風光明媚な日本屈指のリゾート地で、美しいサンゴの村としても有名な場所だ。

そんな場所で移住生活を送っているのは、女優の田中律子さん48歳。

1984年に12歳でモデルデビューし、16歳のときには歌手デビューも果たす。その後、ドラマ「101回目のプロポーズ」など、90年代を代表する名作トレンディドラマに出演。2011年からは芸能活動と並行してヨガインストラクターとしても活動している。

この記事の画像(10枚)

私生活では15年連れ添った夫と2012年に離婚。一人娘を育てるシングルマザーとして再出発した田中さんが、第二の人生を過ごす場所として選んだのが恩納村だという。

青い空と青い海を前にして、「これがあれば十分幸せ!」と叫ぶ田中さんは、8年前にこの地へと移住した。シングルマザーになって、すぐに決めたという。

そんな彼女の現在の住まいは、4階建の一軒家。2階部分はリフォームして自慢のヨガスタジオに。

田中さんはボードを使って水の上で行う「SUP(サップ)ヨガ」の協会設立に携わり、そのインストラクターを務めている。趣味と健康づくりを兼ねて始めたサップヨガは、今、女性たちの間で注目を集めている。

3階部分には田中さんがお気に入りのリビングダイニング。購入当時は普通の台所だったが、リフォームして温かみのあるウッディなキッチンに。

中でもこだわった場所は、田中さんの寝床。もともとクローゼットだった場所をなくしてベッドを置いたという。

さらに、部屋の中に置かれたソファ型のブランコに座ると、目の前には海を眺めることができる。「毎日、海の恵みを存分に浴びています」と笑顔を見せる。

移住を決めた理由は「サンゴの養殖」

悠々自適に暮らしているという田中さんだが、なぜ沖縄に移住を決めたのか。

離婚直後に移住に向けて突然沖縄に家を購入した田中さん。当時、娘は中学生で苦手な語学を猛勉強して単身、イギリスへと留学。田中さんは「多感な時期だったからかわいそうだと思いました。高校に入るまでは離婚せずにいようと思っていたんだけど、娘が『ママ、離婚していいよ』と言ってくれたので」と離婚当時を振り返った。

今は東京で暮らす娘とは何でも話せる友達のような関係になったというが、娘も家の購入にはかなり驚いたという。

そんな沖縄での1人暮らしを田中さんは「寂しくないんですか?ってよく聞かれるんですけど、仲間がいるから寂しくない」と笑う。

今、沖縄では移住者が増え続け、密着中に催されたパーティーでも参加者のほとんどが移住者。仲間と過ごす時間に田中さんの笑顔が絶えなかった。

そんな田中さんが移住を決めた理由は「サンゴの養殖」のため。

恩納村にはキクメイシ、エダコモンなど約200種のサンゴが分布し、養殖や保全活動もさかんに行われている。

この日、田中さんが訪ねたのは有限会社海の種にあるサンゴ畑。サンゴの赤ちゃんを育てるサンゴ畑を管理し、海に移植する活動を行っている。

サンゴ畑を管理する金城浩二さん。田中さんが番組の撮影で訪れた際、サンゴ絶滅の危機を知り、その保護活動に身を捧げることを決め、NPO法人アクアプラネットを設立。田中さんが理事長を務め、サンゴ畑でサンゴを養殖し、ダイバーがひとつひとつ海底に移植している。

金城さんは、田中さんとの出会いを「最初テレビで来たときには、社交辞令と思っていました。そうしたら、しばらくして電話が掛かってきて。ハンマーを持たせても一緒に作業するし、『マジか!』と思ったのが正直なところ」と当時を振り返り、笑った。

「恩納って恩を納めるだから、私の中では海に対する恩。私にとっての恩返しなのです」と語る田中さん。サンゴを守ることが人生を支えてくれた海への恩返しになると思い、沖縄に移住したのだ。

(「直撃!シンソウ坂上」毎週木曜 夜9:00~9:54)

【関連記事】
ハワイ島で“オフグリッド生活”を送る元人気タレント・相楽晴子さんの今
渋谷109“伝説のカリスマ店員”が表舞台から消え大成功していた! なぜ、バリ島に移住したのか