バスに取り残され園児が死亡 熱中症か

福岡県中間市で、保育園の送迎バスの中に5歳の園児が取り残され、死亡した。

警察は園の家宅捜索を行い、業務上過失致死の疑いで調べている。また、女性園長は「降りたと思っていた」と話しているという。

テレビ西日本 鑓水航記者:
男の子が見つかったのは、保育園の目の前に止めてあった送迎バスの中でした

園児が通っていた保育園(7月30日)
この記事の画像(11枚)

保育園の駐車場には警察が集まり、白いワゴン車がレッカー移動されていた。

レッカー移動される送迎バス(視聴者撮影、7月29日)

7月29日夕方、福岡県中間市の双葉保育園で5歳の園児・倉掛冬生ちゃんが、駐車中の送迎バスの中で倒れているのを園の関係者が見つけた。

冬生ちゃんは熱中症のような症状がみられ、病院に運ばれたが、約1時間半後に死亡が確認された。

最高気温33度超の中…約9時間後に発見

冬生ちゃん発見の経緯は、あり得ないことだった。

冬生ちゃんの祖母:
(娘が)保育園のバスを迎えるため、夕方の5時10分に玄関に立っていたら、そこで保育園の先生が「冬生ちゃんは今日、保育園に来てないです」と。娘は「朝、園長先生の運転するバスに冬生を預けました」と。それから慌てたようで、行きと帰りのバスが違う

当時の状況について語る冬生ちゃんの祖母

当日の朝、午前8時ごろ、40代の女性園長が運転する迎えの車に乗った冬生ちゃん。その30分後、車は園に到着している。

それから約9時間後、母親からの指摘で園の職員がバスの中を調べたところ、意識のない冬生ちゃんが見つかった。この日、北九州市エリアの最高気温は33.1度だった。

冬生ちゃんの祖母:
こんなずさんな保育。夕方まで気付かないなんてあり得ない。なんで孫を最後まで見にいかなかったのか、バスの中を(乗っていた園児は)たった3人と聞いている。大人でも熱中症で死ぬような、うだるような暑さ。5歳の子どもが、あのマイクロバスの中に人目もつかないような暗い駐車場に停められて…。ただ一言、園長先生は「ごめんね」って

冬生ちゃんの祖母

「降りたと思っていた」女性園長の説明は…

警察の調べに対し、女性園長は「降りたと思っていた。自分が車の鍵をかけた」と話しているという。

また、園が31日の夜に開いた保護者説明会で、園長らは「泣いている子に気を取られて気づかなかった」などと説明したという。

園児が通っていた保育園

警察は園の家宅捜索を行い、業務上過失致死の疑いで調べている。

(テレビ西日本)