東京ドームのローマ教皇ミサに5万人が集結

来日3日目のローマ教皇フランシスコ(82)。東京ドームに約5万人を集め大規模な「ミサ」が行われた。
ドーム周辺は開始前から熱気ムンムン。約2時間前からすでに東京ドームには多くの人が訪れている。

ローマ教皇来日記念のオフィシャルグッズ売り場にもアイドルのコンサートさながらの行列ができた。ブックカバーやアクリルキーホルダーなど「ソールドアウト」の文字が目立った。

わざわざ2日前に、フィリピンから来たというグループは「会場に入るチケットがないんです。だから誰か助けてくれる人がいれば…」と語った。

棋士でカトリック教徒の加藤一二三さんの姿も

アリーナ席も設けられた東京ドーム。棋士でカトリック教徒の加藤一二三さんの姿も。

そして、午後3時半。教皇フランシスコが登場すると、参加者は小旗を振り、歌で歓迎した。
これに教皇は手を振って応えたり、子どもにキスで感謝を伝える場面も。

教皇が乗るのは信者たちが“パパモービレ”と呼ぶオープンカー。
トヨタの燃料電池車「MIRAI」をベースに作られ、環境を重視する教皇の意向に沿って製造されたという。

ローマ教皇:
善意ある全ての人とまら異なる宗教を信じる人々と絶えざる協力と対話を重ねるならば私たちは全ての命をより一層守り世話する。社会の予言的パン種となれるでしょう。

この模様を中継で見守った教会の施設では、「涙が出て感動しました」と話す人や「とりあえずここで見られてよかった…」と涙ぐみ、言葉を詰まらせる人もいた。

午前には天皇陛下や被災者と面会も

このミサに先立ち、午前11時頃、教皇フランシスコは燃料電池車で皇居へ。
陛下との面会では、長崎・広島への訪問や環境問題などで話が弾み、教皇からこのような言葉も。
「私は幼少の頃より日本の天皇家に対して尊敬の念を抱いていました」

また、午前10時過ぎには都内で東日本大震災の被災者とも面会し、今後の復興を強く願った。
夕方からは首相官邸で安倍首相との会談に臨む。

(Live News it! 11月25日放送分)