1984年3月、福岡市南区桧原の樹齢約50年と言われていたソメイヨシノ9本が、道路拡張工事のため伐採されることになった。

この記事の画像(5枚)

1本が伐られた翌日の未明、一人の住民が桜の樹に次の歌を下げて「最後の花を咲かせて」と嘆願した。

「花守り進藤市長殿 花あわれ せめてはあとニ旬 ついの開花を ゆるし給え」

「花惜しむ 大和心のうるわしや とわに匂わん 花の心は 香瑞麻」

道路拡幅計画は一部変更され、8本の桜が命永らえることとなった。35年以上の時を経た今、一帯は「桧原桜公園」として2007年から整備され、地域の人々の憩いの場となっている。また、8本だった桜は13本となり、この季節には美しい花を咲かせている。

(テレビ西日本)