中国で感染が拡大している新型コロナウイルスを巡り、厚生労働省は日本国内でもヒトからヒトへの感染が認められたという見解を示した。
(参考記事:【新型コロナウイルス】 疑問に答えるQ&A…厚労省や首相官邸が公開中

28日、29日には武漢市からのツアー客を乗せたバスを運転していた日本人男性とツアーガイドとして同行していた女性の感染が確認されている。

厚労省は、国内では広く流行が認められている状況ではなく過剰に心配することはないとしているが、もちろん何らかの対策はしておいた方がいいことに変わりはない。

バス運転手の男性とツアーガイドの女性が感染した経路はまだわかっていないが、多くの人々と接するバスやタクシーではいったいどんな対策が取られているのか?
東京・神奈川で観光バスを運行する「はとバス」と、福岡県のタクシー会社「ラッキー自動車」の担当者に聞いてみた。

観光バス「はとバス」の対策は?

――新型コロナウイルス対策は?

お客様が自由にお使いいただけるアルコール消毒液とマスクを営業所のカウンターに設置しております。
またバスの中にも、お客様が使えるアルコール消毒液を準備しました。

乗務員の対策としては、社内にアルコール消毒液・マスク・うがい薬を設置したうえで、日ごろから手洗いやうがいの励行を呼び掛けています。
こちらは以前から実施しているもので、特にこの度の新型コロナウイルス対策というわけではありません。
マスクの着用は義務ではなく乗務員本人に任せております。

――対策はいつからしている?

1月22日より順次実施しております。
こう言ったニュースが出始めていることを受けまして、お客様への対応をはじめました。

1月22日
この日、中国政府が初めて記者会見を開き、死者9人、発症者が440人に達したことを明らかにした。またアメリカで初めての感染者が確認されている。


――さらなる対策をとる可能性は?

今後、国や業界団体などから指示等があればもちろん直ちに対応していきます

福岡のタクシー「ラッキー自動車」の対策は?

出典:ラッキー自動車

――新型コロナウイルス対策は?

全部で216台ある車に乗る者はみな、事務所入り口に設置したアルコールで消毒したうえで、マスクの着用を義務づけています。

また、全車にお客様が自由にご利用いただけるアルコール消毒液を設置しました。
さらに、お客様が下りた際の一日数回、アルコール消毒液を車内にスプレーして座席などをふき取っています

――対策はいつからしている?

マスク着用とアルコール消毒を実施したのは28日からです。
この日の朝に実施を決定し、昼に準備を進め、夕方から営業を始める車に順次設置しました。

1月28日
この日、武漢市からのツアー客を乗せたバス運転手の男性が新型肺炎に感染していることが分かった。また、武漢市の日本人を退避させるため政府のチャーター機が羽田を出発した。


――対策したのは、乗務員から不安の声があったから?

不安の声はなかったんですが、感染が拡大しているとの報道を受けて実施しました。

――お客さんからの反応は?

もちろん気になさらない方もいらっしゃいますが、「こうしてもらえると安心」と言われたお客様もいらしたそうです。

――さらなる対策をとる可能性は?

今回は、まず何ができるのかと考え、2点を準備したものです。
また何かの対策が必要という事になれば、すぐ対応していこうと思います。

今回は、バスとタクシー会社がそれぞれ自主的に行っている対策を伺ったが、感染が確認されていない福岡でも対策がとられていた。
不特定多数の人と接する業種は他にもたくさんあるが、わからないことが多い新型コロナウイルスについて、少しでも人々の不安を取り除こうという様々な会社の取り組みはしばらく続くだろう。


「感染拡大…新型コロナウイルス」特集をすべて見る!