トイレットペーパーがない!?

新型コロナウイルスの感染拡大で各地でマスクが不足しているが、マスクではないある商品を求めて長い行列ができている。その原因はネット上で広まったある噂だった。

取材班が向かったのは東京都内の商店街。ドラッグストアではトイレットペーパーが売り切れていた。

 

さらに別の店でもトイレットペーパーの棚がガラガラだ。

 

これは28日朝、都内で撮影されたドラッグストアの様子。店の前にできた行列をよく見ると多くの人がトイレットペーパーを手にしている。

 

こうした現象は全国で起きており、熊本市でもすごい数の人の列ができていた。開店した途端、レジにはトイレットペーパーを買い求める客が殺到。中には自転車のカゴに入りきらずハンドルにぶら下げて帰る人の姿も。

買い物客:
3軒目でこれだけ取れたからラッキーでした

 

これを聞き別の店に行ってみるとこんな状態。お店の人に聞いてみると…

 

新生堂薬局 森山憲太郎店長:
昨日の昼から一気になくなっていきました。何事もみたいな感じでかなりびっくりしました

こうした品切れに便乗してか、トイレットペーパーがフリマアプリサイトにも登場。12ロール入りのトイレットペーパーが2000円近い高値で売られていた。

 

一体何が起きているのか。客によると、ネット上で新型コロナウイルスに関するある噂を目にしたからだという。

買い物客:
昨日ネットで「ペーパー類がたぶん入ってこないだろう」と流れたみたいなんですよ

その噂とは「中国のトイレットペーパー工場が止まったらしい。トイレットペーパーが入手困難になるぞ」「マスクと同じ原料を使っているからトイレットペーパーが品薄になっている」というもの。

 

こうした噂は香港でも拡散。大量のトイレットペーパーが盗まれる事件も起きている。

では、トイレットペーパーが入手困難になるという情報は正しいのか。日本家庭紙工業会の林廣文会長にお話しを伺った。

噂はデマだったが…

日本家庭紙工業会 林廣文会長:
誤ったと思われる情報で消費者の方々が誤った行動をしているのかなと。2019年の国内出荷に基づくと、97.7%が日本製です。在庫も十分ございます

つまり噂はデマ。

熊本では大西市長が「ほとんどが国産で製造に全く影響はありません。まとめ買いしなくても大丈夫です。皆さん落ち着いて行動してください」とツイッターで注意喚起する事態にまで発展している。

 

しかし、トイレットペーパーを買った人に噂がデマだと伝えると意外な答えが…

ーーデマだという話ですけど

買い物客:
そうですよね

買い物客:
デマで買う理由は一応念のため

 

買い物客:
みんなから買い占めているじゃないですか。無くなったら実際に家で使うのに困る

なんと、ほとんどの人がデマだと知りながらトイレットペーパーを買っていた。これに対しドラッグストアの店長は…

新生堂薬局 森山憲太郎店長:
爆買いしなくてもいずれちゃんと手元に紙は来ますので、安心してお買い求めください

(「Live News it!」2月28日放送分より)