映画「キャッツ」ジャパンプレミアに豪華キャスト集結

永尾亜子アナウンサー:
さあ、映画「キャッツ」のジャパンプレミアが始まりました!
最初に登場したのは日本のキャストのヴィクトリア役の葵わかなさん(21)、マンカストラップ役の山崎育三郎さん(34)です!

1月24日に公開される映画「キャッツ」のジャパンプレミアが東京・六本木で行われ、吹き替え版で声優を務める秋山竜次さん(41)、大貫勇輔さん(31)、大竹しのぶさん(62)ら豪華キャスト陣とトム・フーパー監督、主演女優のフランチェスカ・ヘイワードさんが登場した。

トム・フーパー監督は日本語で
「吹き替え版キャッツは素晴らしいキャストによる力作です。ありがとうございます。ありがとうございます」と話した。

映画は、主役の白猫ヴィクトリアが、個性豊かな猫たちと出会い自分らしい生き方を見つけていく姿を描いている。

葵わかなさんは真っ白なドレスで

永尾亜子アナウンサー:
葵さん、真っ白なドレスがすごく素敵です。

葵わかな:
ありがとうございます。ヴィクトリアが白猫の役なので、このキャッツの時はぜひ白を着たいなと思って着ていました。

永尾亜子アナウンサー:
山崎さんは、キャッツならではの難しさは何かありましたか?

山崎育三郎:
役者さんが実際に演じた声を聞きながら、そこに自分の表現を合わせていくっていうのは、自分が自由に表現できるわけではないので、そこのバランスは難しかった。

まさかの“ブラッド・ピット”も来日…!?

そして、バストファージョーンズ役のロバート秋山竜二さん(41)は、あまりにもタキシード姿がカッコよかったので思わず…

永尾亜子アナウンサー:
Are you ブラッド・ピット?(笑)

秋山竜次:
YES YES YES YES オ~!

秋山竜次:
チャンネルエイト?

永尾亜子アナウンサー:
エイト YES(笑)

秋山竜次:
オー オダイバ?

永尾亜子アナウンサー:
YES YES
すみません、大丈夫ですかね、これ?(笑)

大貫勇輔:
ずっと今まで、こんな感じです(笑)

秋山竜次:
中身がないんでね、基本的に(笑)

永尾亜子アナウンサー:
すみません

最後は2019年7月、マンスリーエンタメプレゼンターを務めてくれた我らが大貫勇輔さんがダンスで魅せてくれた。

(めざましテレビ 1月23日放送分より)