わすれない 3.11

2011年3月11日 東日本大震災。未曾有の被害をもたらした自然災害の記憶を風化させてはいけない。

「内陸地震のほうが

「内陸地震のほうが"揺れ"が大きい」"余震"が今の教訓に…「いつだって起こる」地震に備える

福島テレビ
国内
“ひょっとこ踊り”に魅了された91歳男性 避難生活は「人生最高の収穫」【福島発】

“ひょっとこ踊り”に魅了された91歳男性 避難生活は「人生最高の収穫」【福島発】

福島テレビ
地域
「逃げた人とレッテル貼られ…」東日本大震災の13日後出産し娘のため自主避難 帰りたいけど帰れない福島

「逃げた人とレッテル貼られ…」東日本大震災の13日後出産し娘のため自主避難 帰りたいけど帰れない福島

東海テレビ
国内
「桜ライン」津波到達地点に桜を植樹 教訓を後世に…約170kmに1万7000本の計画【岩手発】

「桜ライン」津波到達地点に桜を植樹 教訓を後世に…約170kmに1万7000本の計画【岩手発】

岩手めんこいテレビ
地域
トリチウム“アニメキャラ

トリチウム“アニメキャラ"動画 官房長官「趣旨、承知せず」 自民党内からは批判

FNN
国内
収入得て「持続可能な支援」を 故郷・東北から海産物仕入れて魅力広める 居酒屋店主が続ける支援のカタチ

収入得て「持続可能な支援」を 故郷・東北から海産物仕入れて魅力広める 居酒屋店主が続ける支援のカタチ

東海テレビ
国内
人と生活消えた場所に「新たな町」を…福島・双葉町に復興支援で工場建設 町と岐阜の社長が共に紡ぐタオル

人と生活消えた場所に「新たな町」を…福島・双葉町に復興支援で工場建設 町と岐阜の社長が共に紡ぐタオル

東海テレビ
国内
故郷復興への願いを「シーサー」に 被災後、陶芸家になった男性の作品へのこだわり【宮城発】

故郷復興への願いを「シーサー」に 被災後、陶芸家になった男性の作品へのこだわり【宮城発】

仙台放送
地域
「大人だって、冷静になれなかった」地震直後に避難した当時6年生と校長が震災を語る【宮城発】

「大人だって、冷静になれなかった」地震直後に避難した当時6年生と校長が震災を語る【宮城発】

仙台放送
地域
墓石すら持ち出せない…除染もされず、住むことも許されない故郷 10年後も募る思い変わらず【福島発】

墓石すら持ち出せない…除染もされず、住むことも許されない故郷 10年後も募る思い変わらず【福島発】

福島テレビ
地域
再び問われる原発の安全…

再び問われる原発の安全…"絶対に安全"ではない 相次ぐ柏崎刈羽原発の問題【新潟発】

NST新潟総合テレビ
国内
津波火災から“間一髪”脱出 門脇小元教頭が証言 校舎内で起きたこと そして宮城に生きる覚悟

津波火災から“間一髪”脱出 門脇小元教頭が証言 校舎内で起きたこと そして宮城に生きる覚悟

仙台放送
地域
被災直後に妻の故郷に避難 ‟すべて忘れたい”…しかし‟故郷を捨てた”自責の思いも 震災から10年【鳥取発】

被災直後に妻の故郷に避難 ‟すべて忘れたい”…しかし‟故郷を捨てた”自責の思いも 震災から10年【鳥取発】

TSKさんいん中央テレビ
地域
震災直後に出会った野球少年たち 募金集め、地元に招待…教師になった今も続く絆【岡山発】

震災直後に出会った野球少年たち 募金集め、地元に招待…教師になった今も続く絆【岡山発】

岡山放送
地域
災害の死は他人事ではない…旧役場庁舎の解体後も広がる震災の記憶や教訓をつなぐ取り組み

災害の死は他人事ではない…旧役場庁舎の解体後も広がる震災の記憶や教訓をつなぐ取り組み

岩手めんこいテレビ
国内
「海岸から離れ可能な限り高い場所へ」津波警報・注意報が発表された場合にとるべき避難方法

「海岸から離れ可能な限り高い場所へ」津波警報・注意報が発表された場合にとるべき避難方法

プライムオンライン編集部
暮らし
「津波には絶対勝てない」海の男が経験した地獄絵図 さらにコロナ禍で打撃の中、若き漁協組合長は…【高知発】

「津波には絶対勝てない」海の男が経験した地獄絵図 さらにコロナ禍で打撃の中、若き漁協組合長は…【高知発】

高知さんさんテレビ
地域
災害時、ペットと避難出来る? 飼い主が責任持って備えを ペット用防災グッズも進化【北海道発】

災害時、ペットと避難出来る? 飼い主が責任持って備えを ペット用防災グッズも進化【北海道発】

北海道文化放送
暮らし
「経験を話すことが家族からもらった宿題」津波で家族4人を失った自衛官の思い【宮城発】

「経験を話すことが家族からもらった宿題」津波で家族4人を失った自衛官の思い【宮城発】

仙台放送
地域
科学の面で村に戻る住民をサポート 原発事故と向き合い福島の復興を支える放射線専門家

科学の面で村に戻る住民をサポート 原発事故と向き合い福島の復興を支える放射線専門家

テレビ長崎
国内
×