「本当に必要な人に届けたい」 新型肺炎で品薄のマスクを在庫処分の企業が“1枚1円”で抽選販売

カテゴリ:国内

  • 新型コロナウイルスでマスク不足が深刻化...ネットでは高額転売も
  • こうした中、在庫処分の企業が1万枚限定で1枚1円の抽選販売を行うと発表
  • 社長「転売して儲けようとする逆の動きがあってもいい」

中国・武漢市で発生した、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がっている。

この影響で深刻化しているのが、全国各地におけるマスク不足。感染予防として、手洗いやアルコール消毒に加え、マスクの着用が励行されているのだ。ドラッグストアでは欠品が相次ぎ、ネットオークションなどでは定価以上の高額転売が横行している状況となっている。

(関連記事:マスクどこに行ってもない…絶望的」各地で悲鳴…新型コロナウイルスでマスク不足が深刻化
マスク求め客が殺到 本当に足りないの? 自作マスクや高額転売まで…販売状況を緊急調査

欲しくても入手できなかったり、高額なために使用を我慢している人もいるのではないだろうか。

マスク1枚1円...衝撃のセールが開催

そのような中、在庫処分の専門企業「Shoichi」が“あるセール”を始めるという。なんと日本製のマスクを1万枚限定で“1枚1円”で販売するというのだ。

マスクがなんと1枚1円という(購入の応募ページより)


購入は同社が運営するウェブサイトから申し込み(応募期間:2020年2月4日~2月12日)ができ、合計1万枚以上の申し込みがあった場合は抽選となる。購入はひとり1回までで、30枚、50枚、60枚から選べ、代引き料金や配送料はかかるが、商品自体の価格は確かに1枚1円だ。

価格は税込み。30枚なら30円となる(購入の応募ページより)

ここで、安すぎるために品質は大丈夫?と思われる人もいるだろう。

商品説明欄には「日本製高品質マスク(箱キズ品)」とあるが、説明文には「箱にキズや変形のあるため出荷ができないマスクの在庫商品を確保しました。外箱の不良ですので、製品自体の品質に問題はありません」と書かれている。文章を見た限りでは、正規品のようだ。

このほか、応募ページには「破格の価格で抽選販売させていただきますが、本当に必要としている方にお届けしたいという気持ちでこのキャンペーンを行っております」とも書かれていた。

今回の販売に関する説明文(購入の応募ページより)


しかなぜ、このようなタイミングでセールを行うことを決めたのだろうか? Shoichiに取材を申し込むと、山本昌一社長にお話を伺うことができた。

困っている人に安く売るべきと考えた

――なぜこのようなセールを開催した?

単純に困っている人の足元を見て高く売るよりも、安く売るべきと考えたからですね。企業の姿勢としてそうありたいと思いました。今回のマスク不足も、転売目的で買い占められていなかったらもう少し行き渡っていたのではないでしょうか。

普通の価格よりも安く売るという考え方もあるよ、という意思表示ができればと思いました。

山本昌一社長

――購入できるマスクはどんなもの?入手ルートは?

うちは在庫処分の会社なので、今回のマスクも外箱に傷はあります。ただ、マスク本体は一般的なもので品質も問題ありません。入手ルートについては、マスクメーカーから「箱が潰れて販売できない商品がある」という相談があり、それならうちで売ろうと仕入れました。


――1万枚限定の抽選販売とした理由は?

用意できたのが1万枚だったためです。応募が殺到した場合に備えて、抽選としました。

2月4日時点で既に数百人が申し込み

――申し込みが1万枚を超えたらどうなる?

応募期間中のマスクの購入総数が1万枚を超えた場合、当選者を抽選します。現時点(4日午後1時現在)でも、数百人から応募があるので、抽選を行うことになるでしょう。


――転売目的の購入者は見極められる?

本心としては本当に必要としている人に届けたいですが、コメント欄などを参考にすると届けられなかった場合に心苦しく感じてしまいます。そのため、完全にランダムとしました。

配送料などはかかるという(画像はイメージ)

――購入者の負担はどれくらい?

売上計算の都合もあり、代引きを採用しているので、当選者にはマスクの代金、代引き料、配送料を負担いただきます。配送料は北海道1,100円、沖縄県1,650円、その他は550円です。もちろん当選しなかった人に請求などが行くことはありませんので、ご安心ください。


――企業としての利益はあるの?

詳細まではお話できませんが、企業としては赤字になります。

マスクの配送は3月中を予定

――配送時期はいつごろ?

応募状況にもよりますが、当選者には3月中に届く予定です。


――今後の予定は?第2段はある?

在庫によります。同じような商品が手に入れば、やる可能性はあります。


――今回の試みを通じて、伝えたいことははある?

私も在庫処分の企業を経営しているので、転売を否定はしません。ただ、買い占めて儲けようとするのと反対の動きもあっていいと考えています。買うにしても、みんなの分まで買ったらなくなってしまう。それぞれが必要な分だけを買えばいいのに、と思いますね。

備蓄しているものを、誰かが必要としているかもしれない(画像はイメージ)


1枚1円という価格には、困っている人を助けたいという純粋な思いと、買い占めによる転売を問題提起する気持ちが込められていた。非常時は何かと備蓄しておきたくなるが、買い占めると誰かが困る可能性があることは覚えておくべきだろう。

「感染拡大…新型コロナウイルス」特集をすべて見る!

感染拡大… 新型コロナウイルスの他の記事