観光地が待ち望んだ「自粛解除」 歓迎の一方で不安と課題も…

この記事の画像(20枚)

東海3県では6月1日から観光を含む、県をまたいだ移動の自粛が解除された。

伊勢神宮前の「おはらい町」や犬山城など、「営業を再開」した各地の観光地では、「自粛解除」を歓迎する声がある一方で、課題にも直面していた。

三重県の伊勢神宮では…

伊勢神宮の内宮前。1日、県外から参拝に訪れる人の姿が見られた。

愛知・知立市から来た男性:
コロナが無くなるようにと、家族の健康を

名古屋市から来た女性:
きょう来られたことに、まず感謝です。2か月ぶりかな

伊勢神宮の内宮前にある「おはらい町」も、約8割の店が営業を再開していた。

店の人:
本当は、全国的に来るともっといいけどね

別の店の人:
東海3県、近い方なので安心して来ていただけるのかなと思っています

5月31日、愛知・岐阜・三重の知事が会議を開き、6月1日から東海3県に限って、県をまたぐ移動の自粛を解除。
政府が、6月19日から徐々に再開するよう求めている「県外観光」を、東海3県は前倒しで解除した。

自粛中の5月6日には、ほとんど観光客がいなかった「おはらい町」。

通常時の3割ほどだが、人出が戻ってきた。

4月17日から臨時休業をしていた「赤福」。

店内で飲食できる喫茶コーナーは当面休業を続けるが、1日 営業を再開した。

おはらい町の別の店では、AIを使った最新対策も。伊勢名物の「手こね寿司」を味わえる「ゑびや大食堂」。

店の前の通行人の数から来客数を予測するAIシステムを、新たに開発。
客のデータから、通行人の3.5%が来店するという独自の数値をはじき出し、AIが混雑する時間帯を予測している。

ゑびや大食堂の支配人:
11時から閉店までの流れが、“予報”として表示されるようになっています。本日11時台は、40%以内のお客様がご来店される予報となっております。3密を、時間帯で避けられるようになっています

店側だけでなく、客も事前に混雑する時間帯を把握できるため、分散して店を訪れることができるという。

四日市市からの来店客:
スペースが空いているから、ゆっくりと食べられるし、すごくコロナ関係も考えてもらってるんやなぁと

愛知県の南知多ビーチランドでは…

一方、 愛知県の「南知多ビーチランド」。
約1か月前に始まる予定だった、開園40周年のイベントが5月31日、ようやくスタート。

ショーの座席には、間隔を空けて座るよう×印をつけて、密集しないよう対策。

さらに、動物と触れ合えるイベントが人気だったが、直接触らないようエサやり体験に変更。参加者も先着順に限定し、子どもたちが集まりすぎないよう対策をしていた。

愛知県の犬山城では…

また愛知県の「国宝・犬山城」も営業を再開。

犬山市のキャラクター「わん丸君」も、マスク姿で観光客を出迎えていた。

城のなかは、すべての階に消毒液が置かれ、「3密」を避けるために通路は一方通行に。

そして城下町では、犬山城の再開でわずかだが賑わいが戻ってきた。

飲食店の店長:
半分心配で、半分期待しています。人が来過ぎたら怖いな、というのはあるんですけど

犬山市観光協会 中田哲夫専務理事:
非常にありがたいです。犬山城から少し行くと岐阜県なんです。そうすると、県をまたがない移動(での観光)というのは、犬山城では考えられないんですよ

東海3県に限られてはいるものの、「県外観光」の解禁に歓迎の声が聞かれた。

岐阜県白川村の「合掌造り集落」では…

岐阜県白川村の世界遺産「合掌造り集落」も観光客の受け入れを再開。

合掌造りを集めた施設では、2カ月近く休業していた間にたまった埃を掃除。

記念撮影用の看板も、日付を付け替えた。

白川村は、高山市などと合同で、ゴールデンウィーク中に観光の自粛を要請。特に白川村は、駐車場や施設をすべて閉鎖。5月31日まで事実上、村を封鎖していた。

「営業再開」で、多くの集客を期待しているが、訪れた観光客は…。

千葉からの観光客:
千葉から来ました

京都からの観光客:
京都です。やっぱり、まだ人が少ないということで、見やすくはなっているんですけど

東海3県以外からの観光客がほとんどだった。

合掌造り民家園の園長:
営業されている皆さんも、どのような方が来られるかというのはわからないものですから、それについては不安に感じながら再開したというのは、正直な気持ちです

新型コロナウイルスに警戒しながら、賑わいを取り戻す。今後も模索は続きそうだ。  

(東海テレビ)