休館中も働くスタッフたちのドキュメンタリー

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各地でイベントなどの自粛が続いている。

多くの人が集まるテーマパークもその影響を受け、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは3月29日(日)まで、東京ディズニーランドでは4月上旬の再開を予定し臨時休園中となっている。

そのような中、サンリオキャラクターをモチーフとした屋内型テーマパーク「サンリオピューロランド」(東京都多摩市)が、休園中の館内の様子をYouTube上に公開し、話題となっている。


3月23日に公開された動画のタイトルは「ピューロランド、休んでたって…」
まず映し出されるのは、薄暗くがらんとした館内の様子。

©1976, 1996, 1999, 2001, 2010, 2020 SANRIO CO., LTD.


寂しさを覚える光景だが、その後に続くのは、そんな館内で働くスタッフたちの様子だ。

©1990, 2020 SANRIO CO., LTD.


「いつでも使ってもらえるように」と館内の掃除や照明の交換、アトラクションの点検をこなしていくスタッフたち。

さらには再開を見込んでの準備だろうか、4月の「イースター」の時期向けと思われる新メニューを作る様子などが次々と映し出される。

©2010, 2020 SANRIO CO., LTD.


普段は見ることのできない、テーマパークを支えるスタッフたちの姿。

さらには「ここのステップ、もっと上手になっておきたい」とショーの練習をするキャラクターたちの“影の努力”が明かされ、動画は「休んでたって…ここにいるよ」というメッセージで締めくくられている。

©1976, 2020 SANRIO CO., LTD.


この動画が公開されると、たちまち「涙が出た」「休園だからこそ出来ること、やれることをやっている皆さんの姿に感動」と話題になり、すでに24万回を超える再生数を記録した(3月25日現在)。

サンリオピューロランドが、臨時休館を始めたのは2月22日から。

前述のユニバーサル・スタジオ・ジャパンや東京ディズニーランドと比べて約1週間早い決定となったが、その分再開を待ち望むファンの声も大きいはず。

今回公開した動画に込めた思いについて、サンリオピューロランドを運営する株式会社サンリオエンターテイメントにお話を聞いた。

スタッフたちの様子は初公開

――休館中の様子を公開する動画を作ったきっかけは?

サンリオピューロランドの再開を楽しみにしてくださっている皆様に向けて、「休んでもここにいるよ」というメッセージをお伝えするため、急遽作成をいたしました。


――休館中の館内やスタッフの皆さんの様子を公開した動画は今回が初めて?

お客様のいない館内の様子はYouTubeのハローキティチャンネルで臨時休館期間中に配信しておりました。メンテナンススタッフの様子は恐らく初めての公開です。

©1976, 1996, 2020 SANRIO CO., LTD.

――休館中に行っている、通常とは違う業務はある?

普段も行っていますが、ショーやパレードのリハーサルやスタッフ研修などの時間を多く割いています。


――大きな反響がありましたが、再開を待つ方々へ…


営業を再開しましたらまた多くの方にサンリオピューロランドへご来場いただき、お楽しみいただきたいと思っています。どうかそれまでお待ちいただければと思います。

2本目の動画はサンリオキャラクターが主役

なお動画は2本あり、もう1本はサンリオのキャラクターたちの姿をとらえている。

まず、誰もいないステージに現れたのはハローキティ。「みんなどうしてるかなぁ。今日は私、本を読むね」と朗読を始めると、「来ちゃった」と客席に姿を表すシナモロールたち。その一方で、また別のキャラクターが園内を掃除する様子を映していた。


様々なイベントの中止や、広がる“自粛ムード”に鬱屈した日々を過ごしている人も多いだろう。

そのような中、変わらない姿勢と「今だからこそできること」を発信した前向きなメッセージに、元気づけられた人も多いはずだ。

サンリオピューロランドは4月上旬の営業再開を目指しているということで、明るいニュースが一日も早く届くことを願いたい。

(動画:©2020 SANRIO CO., LTD.)


【関連記事】
「可愛すぎて悶絶」アザラシの赤ちゃんがまるで“ぬいぐるみ”みたい…鳥羽水族館に聞いてみた