「桃栗3年柿8年…実はこの先もありまして」

1月7日、自民党は、令和2年の「新年仕事始め」の会合を党本部で催した。ここであいさつに立った安倍首相は、憲法改正について改めて意欲を示した上で、第2次政権8年目を迎えた自らの任期をめぐり、次のように語り始めた。

実は2016年の正月、この仕事始めで、第2次安倍政権ができて3年が終わったときに私はこう申し上げた。「桃栗3年。おかげさまで桃や栗は収穫することができました。柿はありません」。と申し上げたんですが…、おかげさまで…(会場笑)、国政選挙を6回皆様とともに勝ち抜き、柿の収穫を迎えたんですが、国民のためにこの8年間力を合わせて立派な柿の収穫を行いたい」

「桃栗3年、柿8年」のことわざを引き合いに、2期6年だった任期が延長され、なかったはずの「柿8年」に突入したことを振り返った安倍首相。そして8年目に入った政権での柿の収穫への意欲を示した次の瞬間、その言葉は飛び出した。

 
この記事の画像(5枚)

実はこの先もありまして…

まさか…二階幹事長や麻生副総理から噴出している「総裁4選」についに意欲を示すのか?そんな緊張感もあったのか自民党議員らが固唾を飲んだ。すると安倍首相は「なんか一瞬シーンと・・・いたしましたが」とその場の空気に突っ込みを入れ、笑いを取った。そして次のように続けた。

柚子は9年の花盛り。この柚子までは私も責任をもって、皆さんとともにしっかりと大きな花を咲かせていきたい

安倍首相はこのように述べ、来年9月までの総裁任期を全うする決意を示したのだった。党内では、東京五輪が終了した後のよきタイミングで途中辞任し、意中の後進に首相の座を譲るいわゆる“禅譲論”も囁かれていたが、それを打ち消す初めての発言だけに会場は「おー」と沸いた。

 

梅は二階氏で梨は石破氏?

しかしこの日の、「桃栗3年」ばなしは、これだけでは終わらなかった。安倍首相は「さらにその先も実はある」として続けた。

梅はすいすい13年

ここでは、梅の名産地・和歌山が地元の二階幹事長や世耕参院幹事長の名を挙げて自民党の衆参両院の要への配慮を見せた。

 

さらに安倍首相は「梨はゆるゆる15年というのがあるんですね」と語った。

梨の名産地の1つといえば鳥取県であり、鳥取といえば安倍首相にとって“宿敵”ともいえる石破元幹事長の地元だが、さすがに石破氏への言及はなかった。

実はこの「桃栗3年柿8年」に続く言葉は昔から諸説あるようだが、この日の安倍首相の言葉をかなり深読みすれば、9年目の柚子までは自身が率いて、その後の4年は自身の影響力が届く梅の時代、そして石破氏に出番があるとしても相当先のこと…という自民党の未来を予見した比喩にとれなくもない。

このくだりの最後に安倍首相はこう締めくくった。

 

りんごニコニコ25年(会場笑い)。こういうものは皆さんが中心になって収穫を得てもらいたい。こうした長期的な目標に向かってしっかりと結果を出していけるのは私たち自民党じゃありませんか。国民のために日本のために大いに働き収穫をあげていきたい

リンゴの名産地の青森や長野から今後の自民党を背負って立つ政治家が生まれるかはさておき、このスピーチは安倍首相にとって、政権の終盤に入り求心力の低下を危ぶむ声も出る中で、政局の主導権は当面自分にあるとアピールする場ともなった。ポスト安倍の候補者らにとっては、安倍首相の発言に特に右往左往する一年になりそうだ。

(フジテレビ政治部 自民党担当 門脇功樹)

 

記事 37 門脇 功樹

フジテレビ 報道局 政治部