令和最初の年の「今年の漢字」は「令」に決まった。

京都・清水寺で森清範貫主が特大の筆で揮毫して発表した。「今年の漢字」は一年の世相を表す漢字一文字を全国で募集し、最も応募数の多い漢字を毎年12月12日に発表している。1995年から始まり今年で25回目。

新元号「令」和に新たな時代の希望を感じた一年、また、法「令」改正、法「令」順守、警報発「令」、避難命「令」としても使われた年だった。

日本漢字能力検定協会によると、全国から募集した結果、1位が「令」で、2位が「新」、3位が「和」だという。

この記事の画像(2枚)

2019年今年の漢字の募集結果

1位「令」
2位「新」
3位「和」
4位「変」
5位「災」
6位「嵐」
7位「水」
8位「風」
9位「天」
10位「税」
11位「雨」
12位「一」
13位「台」
14位「結」
15位「闘」
16位「改」
17位「火」
18位「桜」
19位「薬」
20位「皇」

ここ10年の「今年の漢字」は

2018年 「災」
2017年 「北」
2016年 「金」
2015年 「安」
2014年 「税」
2013年 「輪」
2012年 「金」
2011年 「絆」
2010年 「暑」