元フジテレビアナウンサーの八木亜希子さん(54)が、しばらくの間すべての仕事をキャンセルし休養に入ることが、12月24日、所属事務所から発表された。

数日前から原因不明の体調不良が続き医療機関で診察を受けたところ、「線維筋痛症」との診断を受けたという。数日間入院し、その後は通院にて治療を行う予定。

八木さんは2000年にフジテレビを退社後、フリーアナウンサーとなり女優としても活躍している。

以下、事務所発表全文

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社所属の八木亜希子に関しまして、皆様にご報告がございます。

八木亜希子は、数日前から原因不明の体調不良が続き、回復の兆しがみられない為、医療機関にて診察を受けたところ、線維筋痛症との診断を受けました。
また、医師からの指示により、しばらくの間全ての仕事をキャンセルし、休養させていただく事になりました。

関係者の皆様には、多大なるご迷惑とご心配をお掛け致します事を心よりお詫び申し上げます。

治療については数日間入院し、その後は通院にて行う予定です。
皆様におかれましては、今後ともどうか温かく見守って頂けますと幸いです。

                            令和元年12月24日
                            株式会社フォニックス

【関連記事】
元フジテレビ八木亜希子アナを襲った「線維筋痛症」闘病中の患者が語る過酷な症状とは?
レディー・ガガ告白の「線維筋痛症」 全身に激痛が走る原因不明の病気