「冷凍食品」が驚きの進化! プロもうなる餃子5種&Xマス向け本格料理やパンも登場

カテゴリ:暮らし

  • 進化し続ける冷凍食品 クリスマス向け商品も登場
  • 人気の餃子5種をプロが食べ比べ
  • 驚きのもっちり冷凍パン 製造工場を取材

Xmasに食べたいフランス料理&子ども向け和食

井上清華アナウンサー:
本当にたくさんの種類がありますね

めざましテレビが訪れたのは、フランス発の冷凍食品専門店「ピカール」(東京都渋谷区 代官山店)。
フランス南西部産のやわらかい鴨のソテー (320g 税別1680円)や…

パイ生地にトマトソースを挟んだ「タルトソレイユ」(310g 税別1180円)など、本格メニューはすべて冷凍食品で、クリスマス向けの商品も続々と登場している。

2019年に発表されたデータによると、冷凍食品の1人あたり年間消費量は、2018年に過去最高となる22.9kgを記録。(日本冷凍食品協会調べ)

そんな中、冷凍食品とは思えない新作も続々と登場している。
11月には、オーガニック食材にこだわった日本初の子ども向け冷凍食品「子どもの食卓 4種のおかずセット(鰆の西京漬・青菜の煮浸し・金時豆の甘煮・根菜のきんぴら)」(税別980円)も販売スタート。

子どもに食べさせたい和食の冷凍食品、賞味期限は3ヵ月。

こうした最新の冷凍食品を街の人に食べてもらうと…

女性A:
え!すごい

男性A:
冷凍っていう感じが全然しなくておいしい

今回の「スゴ撮」は、進化し続ける冷凍食品の各社のこだわりとメニュー開発の裏側を調査する。

和洋中のメニューが充実「ワンプレートセット」

2019年6月にオープンした都内のスーパー・コープ葛飾白鳥店(東京都葛飾区)へ向かうと…

井上清華アナウンサー:
端から端まで冷凍食品ですよ!すごい種類ですね

両面の棚すべてに冷凍食品がギッシリと並んでいた。

中でも特に注目されているのが、ワンプレートのお食事セット。その数、実に14種類。
「かに玉あんかけごはん&鶏肉の唐揚げ甘酢あん」(参考価格 税別298円)を袋から取り出してみると…

井上清華アナウンサー:
お~!あんかけご飯にから揚げ、そして春雨まで入っています

これをそのままレンジに入れて、600Wで4分ほど温めると、ほかほかのあんかけご飯セットが出来上がり。

井上清華アナウンサー:
ん~、あんかけがトロットロです。ご飯にいいダシの味がしみ込んでいます。唐揚げはとっても柔らかくてジューシーです。全部それぞれの美味しさがちゃんと出ているっていうのはすごいですね

他にも「デミグラスソースのとろとろオムライス」や…

「梅じゃこごはん&肉じゃが」(どちらも参考価格 税別298円)まで、これ1つで充実した食事を味わう事ができる。

日本生活協同組合連合会 冷凍食品部 坂本容子さん
主に女性の方に人気が高くて、40代~60代の方に利用いただいている商品です

冷食人気No1は餃子 5種のお味は?

そして、冷凍食品といえば欠かせないのが餃子。この店では、11種類の冷凍餃子を販売している。

街でよく買う冷凍食品について聞くと、1位は餃子が32人でダントツの結果に(めざましテレビ62人アンケート、複数回答) 。
2位はうどん(23人)、3位はチャーハン(21人)、4位は唐揚げ(17人)、5位が枝豆(13人)となった。
一方で、「味や形の種類が豊富で迷ってしまう」という声も聞かれた。

そこで、市販されている5種類の冷凍餃子にどんな特徴があるのかを、中華料理のプロである「中華 味一」店主・今野博史さんと、冷凍食品のプロである冷凍生活アドバイザー・西川剛史さんが食べ比べ!

井上清華アナウンサー:
最初は、味の素の餃子です

冷凍生活アドバイザー・西川剛史さん:
これですよ、これ!これが冷凍食品で一番売れている商品ですね

売り上げ日本一を誇る、味の素 冷凍食品の「ギョーザ」。水と油を使わずに、フライパンで焼くだけで手軽に作れる。

果たしてプロの評価は?

「中華 味一」店主・今野博史さん:
パリッとして、びっくりしましたね。味ももちろんおいしいですけど、皮のパリッと感が一番

冷凍生活アドバイザー・西川剛史さん:
キャベツが入っているのであっさりと、いくらでも食べられちゃう商品ですね

続いては、イートアンド株式会社「大阪王将 羽根つき餃子」。水や油がいらないのはもちろん、フライパンにフタをして蒸らす必要もないという簡単調理で人気の餃子だ。

「中華 味一」店主・今野博史さん:
味もしっかりしていて、タレがおいしいですね

冷凍生活アドバイザー・西川剛史さん:
今はフタもいらない。誰でも美味しく作れる

「中華 味一」店主・今野博史さん:
いや~すごい!

3つ目は、イオンのトップバリュが手掛ける「ギョーザ」(税別158円)。

冷凍生活アドバイザー・西川剛史さん:
野菜より肉のおいしさがしっかり出ている。男性受けする、ガッツリした餃子かなと思います

「中華 味一」店主・今野博史さん:
お店で出しても分からないんじゃないですか

続いては、テーブルマーク株式会社「生協限定 餃子」(税別158円 番組調べ)。

冷凍生活アドバイザー・西川剛史さん:
豚肉よりも鶏肉を多く使っているので、サッパリしていますし、ニンニクが入っていないので女性でも食べやすい

最後は、2018年に冷食業界に参入して話題となった無印良品の「国産黒豚肉入り餃子」(360g 税別417円)。

「中華 味一」店主・今野博史さん:
素材の味を生かしている

冷凍生活アドバイザー・西川剛史さん:
キャベツとか豚肉のおいしさをすごく引き出している餃子で、無印らしさが出ている商品

ガッツリ系からサッパリ系まで、同じ冷凍餃子でも、各社のこだわりがぎゅっと詰まっていた。

手軽に焼きたての味!もっちり冷凍パン 製造の裏側

そして、いま注目の冷凍食品が、2018年から一般販売をスタートした「Pan&(パンド)」の冷凍パン。

袋から取り出してみると…

井上清華アナウンサー:
冷たいです。スプーンで叩いてみても…カチコチに冷凍されていますね

これをトースターで2~3分焼いて、余熱で6~8分ほど待つと…外はパリっと、中はふっくらの焼き立てパンが完成!(※トースターは900W目安)

井上清華アナウンサー:
中はモッチリしているのに外はサクサクのカリカリで、冷凍とは思えないです

この「ハニーソイ/はちみつ豆乳パン」(2個入りで税別200円)を街の人にも食べてもらうと…

女性A:
スゴイ!おいしい

男性B:
え~!? 冷凍食品のパンって当てる人いるんですか?

多くの人が驚く冷凍パンは、どのようにして作られているのか?
群馬県桐生市にある製造工場を撮影させていただくと、白いパンが次々と流れてきた。

作っているのは、2019年発売の人気商品「ミルクパン」(2個入り税別230円)。焼き方には、普通のパンとは違う冷凍ならではの工夫があった。

スタイルブレッド 西倉久志さん:
普通のパン屋さんにあるパンよりは、焼きがちょっと甘くしてあります。焼き直ししてもらうと、ちょうど食べごろの焼き加減になるように調整しています

そして仕上げは、この冷凍庫。

スゴ撮スタッフ:
寒い!何℃ですか?

スタイルブレッド 西倉久志さん:
マイナス30℃以下になります。ここにパンを入れて、一瞬で凍らせるような形になって、おいしさを閉じ込めます

冷凍庫に焼きたてのパンを入れ、10分ほど急速冷凍することで、おいしさを閉じ込められるという。

冷凍の前後を比べてみても、見た目はほとんど変わらない。賞味期限は4ヵ月以上と長く味わえるのも、冷凍パンが人気の理由だ。

最新の冷凍食品には、誰でも手軽においしい料理を食べられる工夫が凝らされていた。あなたもお気に入りのメーカーを見つけてみてはいかがだろうか。

(「めざましテレビ」『スゴ撮』12月9日放送分より)

【関連記事】冷凍王子が教える新食感冷凍レシピ 冷凍で栄養価アップの食品も
【関連記事】平成の間に「おいしく」なった冷凍食品 1万5千食を味わった専門家が語る“進化”
【関連記事】手作り料理をアシスト! 時代の変化で「冷凍食品」の新ジャンルが進化中
【関連記事】「料理上手なママの一番おいしいエビピラフ」 娘の作文のオチが秀逸すぎる!

めざましテレビの他の記事