東京・秋葉原の路上で暴力団幹部が刺殺された事件。刺した男は反社会勢力の人間ではなく、一般人=カタギだった。

その後の取材で、暴力団幹部に追い詰められた男の”地獄”の日々が明らかになった。

喫茶店を出た直後 包丁を・・・

7月21日午後6時40分ごろ、JR秋葉原駅近くの路上で、特定抗争指定暴力団・山口組系の山中健司幹部(34)が、包丁で左脇腹を刺され、搬送先の病院で死亡する事件が起きた。

殺人などの疑いで逮捕されたのは、コンセプトカフェのコンサルティング業などを営む佐々木文俊被告(35)だった。(8月10日、殺人・銃刀法違反罪で起訴)

送検される佐々木文俊被告(35)(7月23日 万世橋署)
送検される佐々木文俊被告(35)(7月23日 万世橋署)
この記事の画像(16枚)

起訴状などによると、事件当日、佐々木被告は山中幹部と他の知人とともに現場近くの喫茶店を訪れていた。話題は山中幹部のSNSのフォロワー数をいかに増やすかだった。そして、喫茶店を出た直後、佐々木被告は持参していた包丁でいきなり山中幹部を刺したという。

調べに対して「とっさに刺してしまった」と供述している佐々木被告。ところが、刃渡りおよそ20センチの包丁は、事件の9日前に台東区内で購入されたものだった。佐々木被告はその包丁を持ったまま、喫茶店を訪れていたことになる。2人の間に何があったのか…。

「暴力団幹部」とは知らずに…

佐々木被告と山中幹部の関係性を振り返る。2人が最初に出会ったのは2013年~14年ごろ。それぞれが行きつけだった都内の居酒屋で知り合ったというという。馬が合ったのか、いつの間にか、お互いのことを相談する間柄になった。

刺殺事件が起きた現場(7月21日 東京・千代田区)
刺殺事件が起きた現場(7月21日 東京・千代田区)
現場には、大量の血痕と脱ぎ捨てられたサンダルが
現場には、大量の血痕と脱ぎ捨てられたサンダルが

その後、佐々木被告が、墨田区の錦糸町でバーを開いたところ、そこでも山中幹部は、いわゆる”太客”になる。多い時には週に4回も来店していたそうだ。佐々木被告はこの頃から自分の店を度々訪れてくれる山中幹部に恩を感じ始めていたという。

もちろん佐々木被告の中には、山中幹部が山口組系幹部という明確な認識はなかった。そのうちに、山中幹部から「錦糸町ではなくて、もう少し都心に店を出してはどうか」とアドバイスを受ける。山中幹部のことを信用していた佐々木被告は、その進言通り新橋駅の近くにキャバクラ店をオープンすることにした。しかし、その直後ある事件が起きた。

山中幹部が2017年9月ごろ暴行事件を起こし逮捕されたのだ。佐々木被告はその時初めて”飲み友達”が、あの「山口組」だったことを知る。しかし、それまでの恩義を忘れず、当時裁判を控え収容されていた東京拘置所に差し入れもしたという。

「俺のことをボスと呼べ」

裁判は、2018年夏ごろまでに終わった。山中幹部は執行猶予付きの有罪判決を受けた。佐々木被告は、その時も新橋でキャバクラ店を経営していたが、”再会”した山中幹部の態度は以前とは豹変していたという。

裁判が終わり、佐々木被告を待ち受けていたのは、”地獄”の日々だった。
裁判が終わり、佐々木被告を待ち受けていたのは、”地獄”の日々だった。

「俺のことをボスと呼べ」。佐々木被告にそう凄んだ山中幹部は、キャバクラ店は自分のアイデアで出して成功したもので、その“見返り“に「売り上げの一部をよこせ」などと要求したというのだ。

当然、佐々木被告は、拒否する態度を示した。しかし山中幹部から「お前の住所も知っている。両親・家族にも危害を加えるぞ」などと脅され、暴力まで振るわれたとのこと。この時を境に2人の間には”主従関係”のようなものができたという。

金の無心と”パシリ”の日々

山中幹部からの”金の無心”は止まらなかった。時には「車を買うから金をよこせ」「家賃を払え」などと理不尽な要求までされたとのこと。プライベートでは、いつの間にか「呼び捨て」にされるようになった。飲食代やキャバクラ店で遊ぶ金も佐々木被告が負担した。

挙句には、”組の仕事”も手伝わされたとのこと。「ヤクザの仕事だから手伝え」などと言われ、東京・台東区の山谷地区で行われた炊き出しの手伝いを強要されたそうだ。まるで”パシリ”のような日々が続いた。

警視庁が調べたところ、佐々木被告の口座から2400万円の大金が引き出されていたという。
警視庁が調べたところ、佐々木被告の口座から2400万円の大金が引き出されていたという。

キャバクラ店経営の他に、今、流行りの「コンセプトカフェ」のコンサル業にまで手を広げていた佐々木被告。ところが、警視庁が佐々木被告の通帳を調べたところ、2021年4月から10月にかけて約2400万円が引き出されていたことが判明したという。

8000万円タカられた挙句 「全部終わらせる」

この大金の使い道について、佐々木被告は「大半を山中幹部に渡した」と説明しているとのこと。さらには、両親や妻から借金までして金を工面していたという。総額で約8000万円を、山中幹部にタカられていたそうだ。

喫茶店を出た直後、佐々木被告は、包丁で、山中幹部を刺したという。
喫茶店を出た直後、佐々木被告は、包丁で、山中幹部を刺したという。

調べに対して佐々木被告は殺意を持って山中幹部を刺したことを認め、「全部終わらせるつもりだった」と話したという。周囲にいた人の話によると、事件当日金銭の話は一切なく、2人がトラブルになっている様子も全く見受けられなかったとのこと。しかし、喫茶店を出た直後、凶行に出た佐々木被告は、その足で警視庁万世橋署に出頭したという。

警視庁は、こうした経緯などから、山中幹部から長年続いた金銭の要求で、佐々木被告が追い詰められたことが原因となり、犯行に及んだとみている。2人の間にあった“トラブル”の詳細は、今後、法廷で明らかにされるだろう。