突然、女性が産気づき車内で出産

10月21日、首都圏を走る湘南新宿ラインの車両内で、女性が出産。
突然の出来事を隣の座席から見ていた男性がその一部始終を語った。

隣に座っていた男性:
お母さんが多分トイレに行って、帰ってくるのが遅いなと思って、お父さんがお子さん2人を置いたまま様子を見に行かれたんですよね。


男性によると、この出来事は帰宅ラッシュの21日午後5時前、JR池袋駅に向かう特別快速列車の中で起きたという。

グリーン車の2席に座っていた、夫婦と子ども2人の4人家族。
お母さんのひざに男の子が、お父さんのひざに女の子が座る形で仲睦まじい様子だったといい、隣の席に座っていた男性はこの時、女性が妊婦であることには気付かなかったという。

そして、お母さんがトイレに向かったように見えたが、帰りが遅いのでお父さんが子ども2人を置いてその様子を見に行った直後、非常停止ボタンが押され電車は急停止。「ご乗車の方にお医者さんはいませんか」という、ドラマさながらのアナウンスが聞こえてきたという。突然、お母さんが産気づいたのだ。

隣に座っていた男性:
もう一気に、迅速で…スタッフの人が駆け寄ってきて、みんなで対応している感じだった。お母さんが毛布にくるまれて、さすられている状態だった。

駅員の迅速な対応で、グリーン車の一部の座席を使い、車両内で出産することができたという。

その後、救急隊によって病院に搬送されたが、母子共に無事だという。

パトリック・ハーラン:
奇跡的ですね! ぜひ生まれてきた子に記念となるような名前を付けてほしいですね。湘南の「湘」とか「南」ちゃんとか…ライナスとか…鉄郎くんとか…

加藤綾子キャスター:
勝手に盛り上がって付けちゃいたくなりますけど、家族みんなで出産を迎えたということになりますよね。

フジテレビ・風間晋解説委員:
グリーン車だからおそらく車掌さんも近くにいたのかもしれないし、対応がすごく迅速だったからですよね。

佐々木恭子キャスター:
グリーン車を使って、というのが本当に柔軟で迅速な対応のいい連携でしたよね。

(「Live News it!」10月22日放送分より)

【動画ニュース】列車内で出産 その一部始終 隣に座った男性証言