動画「ウイルスの次にやってくるもの」が話題

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、医療従事者や感染者への偏見や差別が問題となっている。

こうした中、日本赤十字社が4月21日、「人と人が傷つけあう状況はウイルスよりも恐ろしい」と警鐘を鳴らす動画を公開。Youtubeで130万回以上再生されている。(4月27日現在)

動画は、温かみを感じる“絵本アニメーション”のかたちで描かれていて、男性が手を洗うシーンから始まる。

「きちんと手を洗うだけで感染する確率はぐんと下がる」「でも心の中にひそんでいて、流れていかないものがある」といった言葉に合わせて、“黒いモヤモヤ”が現れる。

提供:日本赤十字社

そして、“黒いモヤモヤ”は暗いニュースや間違った情報を食べてどんどん育ち、他の人を傷つけ始める。

(提供:日本赤十字社)

「ウイルスが広まったのはあいつのせいだ!」
「世界がこうなったのはあいつのせいだ!」


人々が互いに言い争う内、自分があんな風に言われたらどうしようと、具合が悪くても元気なふりをするようになり、誰が感染してるか分からなくなる。こうしてウイルスがどんどん広がっていく。

(提供:日本赤十字社)

そんなとき、家で鏡を見ると、「そこに、もう、あなたは、いない」
そいつの名前は「恐怖」
“黒いモヤモヤ”の正体は「恐怖」だったのだ。

(提供:日本赤十字社)


新型コロナウイルスの感染拡大から生じる「恐怖」を、「ウイルスよりも恐ろしいもの」として描き、体だけでなく心を守るように訴えかけている。

さらに動画の後半には、「恐怖に飲み込まれる前にできること」として、以下のようなものを提案している。

「ときにはパソコンやスマホを消して、暗いニュースばかりを見すぎるのはやめよう。不確かな情報を、うのみにしないで、立ち止まって考えよう」

「非難や差別の根っこに、自分の過剰な防衛本能があることに気づこう。冷静に、客観的に、恐怖を知り、見つめれば、恐怖はうすれていくはずだ」

「恐怖が苦手なものは、笑顔と日常だ。家族や友人と電話して、笑おう。いつものように、きちんと食べて、眠ろう。恐怖は逃げていくだろう」

(提供:日本赤十字社)

そして最後には「恐怖は、誰の心の中にもいる」「だから励ましあおう。応援しあおう」「人は団結すれば、恐怖よりも強く、賢い」といったメッセージを投げかけている。

(提供:日本赤十字社)

この動画に対し、Twitterでは「ぜひ広まってほしい」「ウイルス並に拡散させた方がいい」など、共感する声が相次いでいる。

どのような思いから、このような動画を制作、そしてアップしたのか?

日本赤十字社の広報担当者に話を聞いた。

不安や差別が感染拡大につながる…絵本アニメでわかりやすく

――どのような思いがあって、このような動画、しかも絵本アニメというかたちでアップしたのでしょう?

新型コロナウイルスは、「体の感染症」、「心の感染症」、「社会の感染症」という“3つの顔”を持っており、これらが“負のスパイラル”としてつながることで、さらなる感染の拡大につながっていくことを伝えるため、日本赤十字社ではこの負のスパイラルを知り、断ち切るためのガイドをホームページ上で公開しておりました。

(提供:日本赤十字社)

それをさらに分かりやすく伝えることを考え、今回の絵本アニメーションでの表現を企画しました。

不安や差別が、自らの感染を隠すことにつながり、感染拡大を引き起こすと考えられているため、大切なことを知っていただき、さらなる感染拡大の防止に寄与したいと考えております。

また、動画を視聴いただいたみなさまに「人が団結し、励ましあい、応援し合うことにより、心の中にある『恐怖』を乗り越えることができる」ということ、そして、「ひとりひとりがそれぞれのいる場所で、今、自分にできることに取り組んでいこう」ということが伝われば、と思っております。

(【関連記事】日本赤十字社が「新型コロナの3つの顔」をスライド解説…差別や不安から“負のスパイラル”に

――動画に対しては、どのような反響、感想が寄せられていますか?

公式Twitter、Facebookでの投稿が多くの方にリツイート、シェアという形で、拡散しております。 
また、SNS上では以下のようなご意見を頂戴しております。

・大事なことを的確にまとめられており、分かりやすく、伝わりやすい
・子供たちに見せます
・みんなに見てもらいたい
・自分がどんなに不安を抱えているか、よく分かる
・客観的に落ち着いて、みんなで励ましながら、乗り越えましょう

新型コロナウイルス感染拡大の防止には全員の協力が必要だ。
YouTubeの動画には英語の字幕も設定していて、日本赤十字社の担当者は「世界中の皆様へのさらなる拡散を期待している」と話していた。