サラリーマンの間で自転車通勤が増えている

4月21日、東京・大手町のオフィス街では、ビジネスバッグを背負った男性が自転車に乗って、オフィス街へと抜けていく。街でよく見かけるレンタル方式の赤い電動アシスト自転車や、ロードタイプと呼ばれるスポーティーな自転車などで、出勤する人々。

コロナ危機の中でも、職場へ行かなければならないサラリーマンの間で、電車通勤から自転車通勤に切り替えるケースが増えている。

自転車で出勤している人に話を聞くと…

40代男性A:
コロナが不安で電車で来ると、いつ感染するかわからないので、自転車のほうが安全かなと思いまして。

40代男性B:
一番リスクが低い方法を考えた時に、自転車が一番リスクが低いと言うことです。

三密を避けるための自転車通勤。ずらりと自転車が並ぶ都内のサイクルショップで話を聞くと…

サイクルベースあさひ碑文谷店 小林翔店長:
コロナウイルスがはやり始めた3月の頭くらいから、今年はちょっと売り上げと、お客様の数が増えてきました。前年比でと大体120パーセントくらい。

クロスバイクという種類の自転車が人気

新型コロナウイルスの影響で低迷する業種も多い中、売り上げが伸びているというサイクルショップ。中でも人気なのがクロスバイクといわれるタイプ。

サイクルベースあさひ碑文谷店 小林翔店長:
車体が軽くてスピードが出しやすい。ちょっとした坂くらいあれば、力いっぱいこぐ必要もなく、スピードも出せます。

通勤に使いやすいスポーツタイプの自転車は安いもので、3万円台から購入可能。

サイクルショップに来ていた人に話を聞いてると…

サイクルショップに来ていた親子は…

父親:
新しい自転車買い替えで。休校になってから毎日乗ってるんで、だいぶ上達したんで、大きい自転車でも大丈夫だろうと。

女の子は小学2年生。休校中に自転車に乗る機会が増え大きなタイプに買い換えた。

ーー前の自転車とどっちがいい。

女の子:
こっちの自転車の方が軽いから、すーといける。
 

一方、サイクルショップに来ていた男性客は…

サイクルショップに来ていた50代男性:
自転車を最近使いたいなと思いまして、物置に入っている自転車を引っ張り出してきて、それを修理で。

2年間使っていなかった自転車のメンテナンスを依頼しに来店。使う目的を男性に聞いてみると…

サイクルショップに来ていた50代男性:
通勤と営業で回ったりする時がある。電車を使わずに、なるべく自転車を使おうと。直りしだい、明日からでも。

自転車通勤の注意点を専門家が指摘

感染症に詳しい昭和大学の二木芳人客員教授は自転車通勤する際の注意点として、「普段と同様マスクの着用のほか、人混みを避ける。前の自転車との間隔を空ける」などの点を挙げている。

(「Live News it!」4月21日放送)