「ウイルスをばらまいてやる」と家族に

各地で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、陽性と確認された男性が自宅待機の要請を無視して外出したことが波紋を呼んでいる。

「ウイルスをばらまいてやる」

感染確認後に家族そう言い残して自宅を出たのは愛知・蒲郡市(がまごおりし)内に住む50代の男性。

男性は3月4日に感染が確認され、受け入れ先の医療機関が見つかるまで自宅に待機するよう要請を受けたが…

居酒屋と女性が接待するパブに

記者:
親子連れも参加するような飲食店か、それとも基本的に夜、大人たちがいくような店か

蒲郡市の担当者
大人がいくタイプだと思います

記者:
お酒も提供してようなところ?

市の担当者:
大人が行かれるような場所ですので、(飲酒の)可能性はあると思っています

市の関係者によると、男性はタクシーで自宅を出た後市内の居酒屋へ。

さらにその後歩いて女性が接待するパブへ。

その店内では、

「自分は陽性だ」と話したという

この驚きの告白を受け、店に防護服を着た警察官が駆けつける騒ぎになったが、警察官が到着したのは男性がタクシーで帰宅した後だった。

地元保健所は男性が立ち寄った飲食店の消毒をするとともに営業の自粛を要請、また店内で男性と濃厚接触した店員と客には自宅待機を求めている。

感染中の不適切な外出に市長はー

蒲郡市 鈴木寿明市長:
県の指導によっての“自宅待機”の状況が守られていなかったというのは大変遺憾であります。

市の担当者:
(感染が広がる)可能性としては「ないとは言えない」と思いますが、そこの部分の調査も今進めております。

市民から厳しい声

蒲郡市民(70代):
ちょっと常識を外れているような気がします、わかりませんねその感覚が

蒲郡市民(30代):
気づかないうちに感染していると思うとちょっと怖いですね

さらにこんな疑問も。

蒲郡市民(40代):
罰則になっちゃってもおかしくないことなのかな

専門家「傷害罪に当たる可能性がある」

自分の感染を知りながら飲食店に行く行為の法的責任について専門家は…

山田・尾﨑法律事務所 今井靖博弁護士:
「ばらまいてやるぜ」という宣言自体が故意があるだろうというところになってくるので、お店の人お客さんが実際に咳などを浴びて新型コロナウイルスに感染してしまった場合には、傷害罪に当たります。お店が休業をせざるをえなかったとか業務が妨害された場合には威力業務妨害罪に当たる可能性があります。

その後、男性は翌5日に愛知県内の医療機関に搬送された。愛知県警は男性の詳しい行動について確認を進めてる。

「Live News it!」3月6日放送