新型コロナの終息願い注目される妖怪「アマビエ」…絵を描くと疫病が収まるという言い伝え

新型コロナの終息願い注目される妖怪「アマビエ」…絵を描くと疫病が収まるという言い伝え

TSKさんいん中央テレビ
TSKさんいん中央テレビ
話題
  • 水木しげるロードが脚光! 妖怪「アマビエ」に注目する理由とは?
  • 新型コロナの影響で“来館者数減少”…妖怪効果でにぎわいも
  • “少しでも穏やかに”終息願い「アマビエだるま」製作

「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する“アマビエ”の言い伝えとは

新型コロナウイルスの早期終息が望まれる中、鳥取・境港市の“水木しげるロード”が脚光を浴びている。

「ゲゲゲの鬼太郎」にも登場するある妖怪に願いを託そうと、各地から“妖怪詣”となっている。

鳥取県境港市の水木しげるロードは、多くの観光客でにぎわいを見せている。その秘密が水木しげる記念館にある。

y_20200323191416_736.jpg
 

水木しげる記念館の館内では、あるパネルを写真に収める人の姿が。

うろこのある体に長い髪、くちばしのような口。この妖怪は、江戸時代から日本に伝わる「アマビエ」。

y_20200323191435_653.jpg
 

漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の中で、水木しげるさんも描いていた。

なぜ今、多くの人がこの妖怪に注目するのだろうか?

水木しげる記念館・庄司行男館長:
「疫病がはやったときには、わたしの絵を描いてみんなに見せれば、疫病が収まる」という言い伝えがある

y_20200323191501_922.jpg
 

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、神頼みならぬ“妖怪頼み”として話題になっている。

“アマビエ”のパネル設置で驚きのにぎわいに!?

館内には、妖怪アマビエのパネルを2カ所に設置。うち1つは、今回の反響を受けて19日に設置したばかり。

y_20200323191558_527.jpg
 

来館者:
SNSでみんなに拡散したい

水木しげる記念館では、2020年3月の来館者数が2019年の同じ時期に比べて3割減っているが、3連休初日のにぎわいは驚きだという。

y_20200323191617_386.jpg
 

水木しげる記念館・庄司行男館長:
問い合わせは先週からすごく増えている。アマビエの影響が大きいと思う

県の内外から訪れる観光客にしっかりと予防策も取ってもらいながら、春休みの人出に期待をかけている。

終息願い“アマビエだるま”製作も

その妖怪「アマビエ」で、だるまの商品も。鳥のくちばしのような口に、水色のうろこ、3本あるとされる足も。丸みを帯びたそのフォルムに、癒やしを感じる。

y_20200323191656_941.jpg
 

作っているのは、島根県松江市のだるま職人・堀江努さん。

y_20200324092503_146.jpg
 

堀江さんは普段、風水を取り入れたさまざまな色の「縁結びリボンだるま」などを製作。県内の土産物店に卸しているほか、インターネットでも販売している。

y_20200324092642_656.jpg
 

堀江努さん:
今新型コロナがはやっている中で、何かできることはないかというので思いついたのが、このだるまに「アマビエ」を描くということでした

終息を願って作り始めたのが、「アマビエだるま」だった。1個1200円(税別)でネット販売を始めると、全国から注文が入り、早速、20個ほどが売れたという。

y_20200323191746_608.jpg
 

中には、県外の病院や大学の薬学部などからも。切実ともいえる願いが伝わってくる。

堀江努さん:
だるま屋にできることは、願い込めて皆さんに届けるということだけなので…

現在は、さらに約20個の注文を受け製作中で、注文は順調に入っているが。

堀江努さん:
(アマビエだるまが)たくさん出るということは、いいことなのか、悪いことなのか…そういう思いもありますけど、これで皆さんの気持ちが少しでも穏やかになればいいかなと思いますし、いろいろな病気があるので、それにも使っていただけたらいいなと思います

y_20200323191804_003.jpg
 

複雑な思いを抱きつつ、終息の願いを込めて。このアマビエだるまは、現在はネットでのみ販売されている。

(山陰中央テレビ)

鳥取県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 島根県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×