海のレジャーは救命胴衣が必須

三重県四日市市で男性3人が乗ったゴムボートが一時漂流し、海上保安部に救助された。東海地方の海域には当時、海上強風警報が発令されていたが、ゴムボートは風の影響を受けやすいとのこと。

5月2日、男性3人が買ったばかりの手漕ぎのゴムボートで釣りをしようと、三重県四日市の「楠(くす)漁港」を出発。しかし、直後に風に流されて沖へ漂流してしまった。

そこで「流され帰れなくなったので救助してほしい」と118番に通報。
四日市海上保安部の船が出動して約40分後、漁港から3キロほど離れた沖合で発見した。

この記事の画像(4枚)

無事救助され、ケガもなかったが、男性3人は救命胴衣を着用していなかった。

当時、海上強風警報が出ていて、風速10メートルの「傘が差せないくらい」の風が吹いていた。

ゴムボートは船と違い底が平面で、水面に浮いているだけの状態のため、船よりも風の影響を受けやすいのだという。

四日市海上保安部は「海のレジャーでは救命胴衣の着用と天候の確認を徹底し、十分な安全対策を取ってほしい」とコメントしている。

(東海テレビ)