女川原発2号機の再稼働へ“事実上の合格”…疑問の声も

女川原発2号機の再稼働に向けた安全性の審査で原子力規制委員会が事実上の合格を示した2019年。住民からは避難計画に疑問の声も上がっている。

2019年11月27日、原子力規制委員会は、女川原発2号機の安全対策が新規制基準に適合しているとして審査書案を了承。東北電力が2013年に審査を申請してから170回以上にのぼる会合を経て、再稼働への“事実上の合格”を示した。

この記事の画像(9枚)

石巻市民:
女川の再稼働には基本的に反対です。原発依存ではなく違うエネルギー政策を考えてほしい

石巻市民:
再稼働していただかないと電気的に大変だからいいと思います

12月27日まで募集しているパブリックコメントで問題がなければ、原子力規制員会は、数カ月後には、女川原発2号機の再稼働に必要な原子炉設置変更の許可を出すと見られている。

再稼働にはこの他「地元同意」が必要だが、女川原発が立地する女川町や石巻市、県は、いずれも賛否を明らかにしていない。

宮城県 村井嘉浩知事:
現時点で再稼働に向けて賛成とも反対とも言えません

女川町 須田善明町長:
現在のところ、具体的に何かという段階ではありません

石巻市 亀山紘市長:
経過をしっかり見ていきたい

女川原発から30キロ圏内は原発で事故が起きた際、避難などが必要な緊急防護措置区域=UPZに指定されている。国はUPZ内の自治体に、住民の避難先や移動方法を定めた避難計画を作るよう求めているが、UPZに含まれる町からは不満の声も…

美里町 相澤清一町長:
当然再稼働するためには避難準備や避難計画がしっかりと安全と安心を担保するものを作り上げなければ承認はできない

県とUPZ内の7つの市と町は2016年、女川原発の重大事故を想定した避難計画を作成した。計画によれば、約20万人がUPZの外へ車で避難することになっている。

11月、東松島市で、避難計画の検証などを目的とした防災訓練が行われた。訓練には東松島市赤井地区の住民40人も参加。バスに乗って避難先に指定されている岩沼市に実際に移動し、かかる時間などを確認した。

計画では避難する車両は放射線量などの検査を行い、通行証を受け取ってから市外へ避難することになっている。検査には時間がかかり、渋滞が予想される。

さらに、岩沼市へは仙台市などを通過する必要があるが、計画に時間の目安は示されていない。訓練に参加した住民は…

訓練参加者:
車で移動するとなると、結構距離が岩沼まである

訓練参加者:
3.11の時あんなに車が動かない。全員だから、そうしたらたどり着くんですか、ここまで

こうした現状を受け、石巻の市民団体は11月、県などへ再稼働に必要な「地元同意」の差し止めを求め、仙台地裁に仮処分を申請。避難計画の問題点を指摘している。

女川原発の避難計画を考える会 松浦健太郎弁護士:
代表的な避難ルートについて、簡単な計算をするだけで、渋滞するのは目に見えて明らか

これに対し県が計画で前提にしているのは「段階的避難」。県は約20万人が一斉に避難するのではなく、放射線量の高い地区から段階的に避難することで渋滞は回避できると想定している。

県原子力安全対策課 小山高史原子力防災対策専門監:
UPZ圏内には20万1500人の人口がある。この人々が一斉に避難すると、ご指摘の通り渋滞は避けられないと思います。我々は根気強く住民の皆さんに“段階的避難”の必要性、渋滞を招かないように“段階的避難”をお願いします

12月23日、防災訓練に参加した赤井地区の自治防災会のメンバーが集まり、今後の課題を話し合っていた。

渋谷栄一南四区自主防災会長:
はじめに石巻が行って、次に東松島市で混雑しませんと言うけど、実際には動いちゃう。一斉に動いちゃう

青戸力彌行政区自主防会長:
実際になった場合には、住民にあなたはまだですよと言ったって逃げちゃう

赤井地区自主防災会 佐々木彪副会長:
30キロ圏外と設定したなら、30キロ圏外に逃げれば大丈夫だよ、という安心感を与える必要がある

住民に残る“原発事故への不安”女川原発2号機の再稼働に向けて、大きく動き出した2019年。未来に何を残すのか。さらに深い議論が求められている。

(仙台放送)

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】