「我々がどんな思いで25年間過ごしてきたか」上智大生殺害 被…

ギャラリー
亡くなった小林順子さんの写真を手に取材に応じる姉・亜希子さん
亡くなった小林順子さんの写真を手に取材に応じる姉・亜希子さん
小林順子さんは殺害され、自宅は放火された(1996年9月9日 東京・葛飾区)
小林順子さんは殺害され、自宅は放火された(1996年9月9日 東京・葛飾区)
妹の順子さんと一緒に撮った写真(亜希子さん提供)
妹の順子さんと一緒に撮った写真(亜希子さん提供)
小林順子さんは、アメリカ留学に向かう2日前に事件に巻き込まれた
小林順子さんは、アメリカ留学に向かう2日前に事件に巻き込まれた
亜希子さんは、今でも、事件当時のことを書き残したメモを見返すという。
亜希子さんは、今でも、事件当時のことを書き残したメモを見返すという。
事件から25年を前に、父・賢二さんは、駅頭に立ち、情報提供を呼びかけた(9月7日 葛飾区・柴又駅)
事件から25年を前に、父・賢二さんは、駅頭に立ち、情報提供を呼びかけた(9月7日 葛飾区・柴又駅)
父・賢二さんは、犯罪被害者として活動を続け、凶悪事件の時効撤廃を勝ち取った
父・賢二さんは、犯罪被害者として活動を続け、凶悪事件の時効撤廃を勝ち取った
順子さんから贈られたピアスは、亜希子さんにとって唯一の形見となった。
順子さんから贈られたピアスは、亜希子さんにとって唯一の形見となった。
順子さんの直筆署名がプリントされたテレホンカードを父・賢二さんは今も持ち歩いている。
順子さんの直筆署名がプリントされたテレホンカードを父・賢二さんは今も持ち歩いている。
父・賢二さんと姉・亜希子さんは事件から25年経った今も、犯人逮捕の希望を捨ててはいない。
父・賢二さんと姉・亜希子さんは事件から25年経った今も、犯人逮捕の希望を捨ててはいない。
亡くなった小林順子さんの写真を手に取材に応じる姉・亜希子さん
小林順子さんは殺害され、自宅は放火された(1996年9月9日 東京・葛飾区)
妹の順子さんと一緒に撮った写真(亜希子さん提供)
小林順子さんは、アメリカ留学に向かう2日前に事件に巻き込まれた
亜希子さんは、今でも、事件当時のことを書き残したメモを見返すという。
事件から25年を前に、父・賢二さんは、駅頭に立ち、情報提供を呼びかけた(9月7日 葛飾区・柴又駅)
父・賢二さんは、犯罪被害者として活動を続け、凶悪事件の時効撤廃を勝ち取った
順子さんから贈られたピアスは、亜希子さんにとって唯一の形見となった。
順子さんの直筆署名がプリントされたテレホンカードを父・賢二さんは今も持ち歩いている。
父・賢二さんと姉・亜希子さんは事件から25年経った今も、犯人逮捕の希望を捨ててはいない。
×