ニッスイが、すり身製品や冷凍食品を値上げする。

日本水産は、22年2月1日納品分から、家庭用のすり身製品(50品目)や冷凍食品(63品目)の合わせて113品目を値上げすると発表した。

この記事の画像(6枚)

ちくわや、かに風味かまぼこ、フィッシュソーセージなどの家庭用すり身製品は、出荷価格でおよそ5~13%、弁当総菜類や麺類などの家庭用冷凍食品はおよそ4~13%、それぞれ値上げする。

世界各国での需要の拡大により原材料価格が上昇していることや、原油価格の高騰で燃料や包装資材、物流費が上がっていることなどが主な要因。