アカデミー賞の授賞式が9日、アメリカ・ハリウッドで開かれ、韓国の「パラサイト 半地下の家族」が英語以外の作品で初めて「作品賞」を受賞し、監督賞など合わせて4部門を制した。

またメイクアップ・ヘアスタイリング賞にノミネートされていた、京都出身のカズ・ヒロさんが辻一弘の名前で受賞したおととしに続き、2回目の受賞を果たした。

【関連記事:「カンヌ大賞作品の舞台「半地下」に見る韓国の格差社会と分断の歴史】