昭和7年創業、島根県大田市のさんべ食品工業のサイダー。
地元産の紫蘇や梅を使ったものなど、3種類を販売している。

そのサイダーの源にあるのは…

さんべ食品工業(株)勝部邦彦 社長;
10円でしかジュースが出てこない機械なんです

10円ジュースの自販機。
昭和30年代にはデパートの屋上などに設置され、人気だった。
今では全国でもここにしかない。
動かすのは年に2回。それは…

春と秋の彼岸の中日に、地元である祭り「中日つぁん」。
この10円ジュースの自販機、地元の人達にとっても思い出深いようだ

地元の男性A(50代);
オレンジジュースを10円分ずつ飲むのが、子どもの頃からの楽しみでした。

地元の男性B(60代);
なつかしい。おいしいしね。

ここでは創業当時からラムネを作っていたが、時代のニーズに合わせ、今では様々な味のサイダーやジュースを作っている。

地元の男性A(50代);
やさしい味でしたね。やさしい梅の味。

地元の男性B(60代);
うまい。しつこく、がんばってほしいね~。

さんべ食品工業(株)勝部邦彦 社長;
最近では地元の材料を加工して作るのは、こだわり。
シュワシュワ感のある、爽やかなものを作っていきたい。

暑い夏に、さわやかなのど越しを。
ふるさとの味は進化するが、その源は変わらない。

(山陰中央テレビ)

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】