わすれない 3.11

2011年3月11日 東日本大震災。未曾有の被害をもたらした自然災害の記憶を風化させてはいけない。

原発事故で全町避難続く双葉町 重くのしかかる10年 “新たなまちづくり”で帰還者の希望・期待に対応

原発事故で全町避難続く双葉町 重くのしかかる10年 “新たなまちづくり”で帰還者の希望・期待に対応

福島テレビ
地域
「支援の新しい考え方とは」3.11の記録…ボランティアをバックアップ【宮城発】

「支援の新しい考え方とは」3.11の記録…ボランティアをバックアップ【宮城発】

仙台放送
地域
生活を助ける「ため池」が東日本大震災で決壊…悲劇を繰り返さないための対策

生活を助ける「ため池」が東日本大震災で決壊…悲劇を繰り返さないための対策

福島テレビ
国内
「あの日、何が起きたのか」3.11の記録…閖上で出会った親子に再会【宮城発】

「あの日、何が起きたのか」3.11の記録…閖上で出会った親子に再会【宮城発】

仙台放送
国内
東日本大震災から10年 避難所のコロナ対策を検証…「段ボールベッド」で感染リスク低減

東日本大震災から10年 避難所のコロナ対策を検証…「段ボールベッド」で感染リスク低減

Live News days
国内
持ち主を待つ「思い出の品」は残り11万点…震災から10年。気仙沼市が2月末で返却終了を決めた理由

持ち主を待つ「思い出の品」は残り11万点…震災から10年。気仙沼市が2月末で返却終了を決めた理由

プライムオンライン編集部
国内
大津波に火災、街並み様変わり “ある思い”に突き動かされ…駄菓子屋店主と語り部の震災10年

大津波に火災、街並み様変わり “ある思い”に突き動かされ…駄菓子屋店主と語り部の震災10年

福島テレビ
国内
コロナ禍の中での避難 注意点は…専門家に聞いた「今備えておきたいコトやモノ」密集はクラスター化の恐れ

コロナ禍の中での避難 注意点は…専門家に聞いた「今備えておきたいコトやモノ」密集はクラスター化の恐れ

東海テレビ
国内
“あの日”感じた思いをイラストに 一緒に震災を乗り越えた姉妹で宮古の魅力を発信【岩手発】

“あの日”感じた思いをイラストに 一緒に震災を乗り越えた姉妹で宮古の魅力を発信【岩手発】

岩手めんこいテレビ
国内
町のシンボル「双葉ダルマ」がつなぐ復興と未来 原発事故から10年、コロナ禍の逆風にも負けず【福島発】

町のシンボル「双葉ダルマ」がつなぐ復興と未来 原発事故から10年、コロナ禍の逆風にも負けず【福島発】

福島テレビ
地域
津波で流された思い出の品 持ち主を待って10年…「思い出の品展示場」3月閉鎖へ【福島発】

津波で流された思い出の品 持ち主を待って10年…「思い出の品展示場」3月閉鎖へ【福島発】

福島テレビ
地域
高2だった10年前、福島で原発事故を経験した女性が石巻で向き合う仕事【宮城発】

高2だった10年前、福島で原発事故を経験した女性が石巻で向き合う仕事【宮城発】

仙台放送
地域
最新技術を搭載  災害時に活躍するロボット…震災に対する研究者の強い思い【宮城発】

最新技術を搭載 災害時に活躍するロボット…震災に対する研究者の強い思い【宮城発】

仙台放送
テクノロジー
離れていても心をつなぐ…和太鼓が奏でる“故郷の音” 原発事故から10年いまだ住めない町で【福島発】

離れていても心をつなぐ…和太鼓が奏でる“故郷の音” 原発事故から10年いまだ住めない町で【福島発】

福島テレビ
国内
「船にありがとう」奇跡的に津波逃れた‟遊覧船”が58年の歴史に幕 最後の便は満員御礼【岩手発】

「船にありがとう」奇跡的に津波逃れた‟遊覧船”が58年の歴史に幕 最後の便は満員御礼【岩手発】

岩手めんこいテレビ
話題
被災者約100人の避難行動を地図上に表示 津波の教訓をARで伝える【宮城発】

被災者約100人の避難行動を地図上に表示 津波の教訓をARで伝える【宮城発】

仙台放送
地域
原発事故の“その後”…“当時”を撮影した写真家と原木シイタケ生産に向き合い続ける農家

原発事故の“その後”…“当時”を撮影した写真家と原木シイタケ生産に向き合い続ける農家

岩手めんこいテレビ
国内
誰もが命を守る行動を取れるように 震災から10年目 “釜石の教訓”を語り継ぐ元校長

誰もが命を守る行動を取れるように 震災から10年目 “釜石の教訓”を語り継ぐ元校長

岩手めんこいテレビ
暮らし
記憶はなくても…ただ一人の在校生が学ぶ“ふるさと”の授業 被災地の小学校が来春休校に【福島発】

記憶はなくても…ただ一人の在校生が学ぶ“ふるさと”の授業 被災地の小学校が来春休校に【福島発】

福島テレビ
地域
「正直うらんだ時期も…」児童ら84人犠牲の大川小遺族 岩手で若者と心の交流 被災地10年目の歩み

「正直うらんだ時期も…」児童ら84人犠牲の大川小遺族 岩手で若者と心の交流 被災地10年目の歩み

岩手めんこいテレビ
地域
×