松岡亮二

松岡亮二

ハワイ州立大学マノア校教育学部博士課程教育政策学専攻修了。博士(教育学)。東北大学大学院COEフェロー(研究員)、統計数理研究所特任研究員、早稲田大学助教を経て、同大学准教授。東京大学社会科学研究所附属社会調査データアーカイブ研究センター優秀論文賞(2018年度)、早稲田大学リサーチアワード<国際研究発信力>(2020年度)などを受賞。

著書『教育格差:階層・地域・学歴(ちくま新書)』(https://www.amazon.co.jp/dp/4480072373)は、1年間に刊行された1500点以上の新書の中から「新書大賞2020(中央公論新社)」で3位に選出された。13刷・5万5000部突破(2022年1月時点)。編著に、中村高康・松岡亮二編著『現場で使える教育社会学:教職のための「教育格差」入門』(https://www.amazon.co.jp/dp/4623092607)と松岡亮二編著『教育論の新常識-格差・学力・政策・未来 (中公新書ラクレ)』(https://www.amazon.co.jp/dp/4121507401/)などがある。

記事 1

このリポーターの記事

×