大内雅之

大内雅之

「担当医の顔が見える医療、術前から術後まで執刀医による一貫した診療」にこだわる。特に白内障手術に関して、関西では突出した講演、論文実績があり、指導的立場で臨床にあたる。国内・海外での受賞歴多数。京都府立医科大学客員講師、北海道大学非常勤講師、日本眼科手術学会 理事、日本眼内レンズ屈折手術学会 理事、日本眼科手術学会白内障部門プログラム委員

大内雅之アイクリニック 院長(京都府) 東京慈恵会医科大学卒業後、京都府立医科大学眼科学教室に入局。公立南丹病院眼科医長、京都府立医科大学大学院を経て、2018年大内雅之アイクリニック開設。

記事 1

このリポーターの記事

×