渡邉オリザ

児童虐待の根底にあるものは一体何なのか。アメリカの中でも貧困率、犯罪率、児童虐待率の高いニューヨーク・ブロンクス地区の救急病棟にて目の当たりにした児童虐待の実態を通し、その根底にある問題を見極め、解決策を見いだすことを信念に日々格闘を続ける。児童虐待を取り巻く行政システム、法律などにも目を向けている

1978年東京都生まれ 慶應大学卒、コロンビア大学ソーシャルワーク大学院修士号。 NYブロンクス地区にある市営小児救急病棟のホスピタルソーシャルワーカーとして勤務。児童虐待のアセスメント、チャイルド・プロティクティブ・サービスとの連携、クライシスインターベンション、メンタルヘルス等を扱う

このリポーターの記事

渡邉オリザが投稿しました!
渡邉オリザが投稿しました!
渡邉オリザが投稿しました!
渡邉オリザが投稿しました!
渡邉オリザが投稿しました!
渡邉オリザが投稿しました!
渡邉オリザが投稿しました!
渡邉オリザが投稿しました!
渡邉オリザが投稿しました!
渡邉オリザが投稿しました!